996で12時間働く

倒れる ニュース
この記事は約3分で読めます。
スポンサード リンク

ko,kokokoこんにちは、ADHDグレーゾーンでHSPのどもりーまんです。おいこんな地獄のような日々はいつまで続くんだ神よ!?

さて、今日は唯一で最低限の趣味であるといっても過言ではないネットニュースを覗いていると、以下のような内容のものがありました。お隣は中国での働き方のブラックぶりのネタです。

996、というのは朝9時から夜21時までの12時間労働で週6日勤務」を意味するそうです。

ん!?

全然違和感がない。。

こういうのは普通じゃないのか!?と逆に違和感を持った次第でした。

私の場合は795、つまり朝7時から夜の9時、これを週5日(昼休憩は昼食を兼ねたマーケットの視察が義務付けられていますから実質なし、です。)、ですから実質上記の例でいうとマイナス2時間ではありますが、週末の土日も顧客からの電話の問い合わせや月曜日に提出する資料やらで結局は4時間くらいは自宅PCで働いているので、労働時間でいうと、それくらいが常態化しています。

なので、たったそれくらいでニュースになることにビックリしてしまいました汗、、私自身、正社員の職につくことが初めてできたのが30代後半で、事情をまったく分かっていなかったのですが、そういう過酷な状況が当たり前なのだと思っていました。。

そうか、、

世の中、この基準でネットニュースに取り上げられるのであれば、本来たぶん、もっと世の中はホワイトなんだろうな、、

そういえば昭和時代を描いたサザエさんの大黒柱の波平さんを始め、上司と部下の間で大変な中間管理職であろうマスオさん、・・・当時は令和元年のこの記事を書いている今と比べるともっと(色々と)厳しい時代であろうはずなのに、ほのぼのとしている。。

そうか、

慣れってこわいですね。。こわい。

スポンサード リンク

やはりオカシイと思ったらこういう風に叫んでネタにしないといけないんだと思います。私はもっと思いますよ、

働くのは週4日でいいんじゃないか、労働時間も6時間で残業ついても8時間でいいんじゃないかと。。

そう、そうすると社会が閉ざしていくのは分かりますよ、そういうふうに労働時間の短縮などを叫んでいくと、結局は世の中が不便になっていくことを。

でも、

私はいいと思います、電車が定刻に遅れたって、コンビニが18時に閉まっていたって、金曜日の夜に居酒屋が閉まっていたって、レンタルビデオ屋がやっていなくたって、、、、

全然イイ( ^^) _U~~

 

そう思うのです。

それよりももっとこの、あくせくした日々をもっと皆が、罪悪感なくだらけていいんだ、休んでもいいんだっていうことを容認できる社会の方がいいと思います。

たしかにすばらしい、ホテルに泊まればキッチリ掃除されているし、コンビニでは品切れなく欲しいものがだいたい買える、、

 

でも世の中はそのために、ムリをしまくってお互いに本心をいえず頑張りあっています。

それならば、逆に切磋琢磨ではなく切磋鈍磨すればいいのではないかと思うのです。

みんながだらけても、最低限は働きたい(暇ですからね)と思うでしょうから、

ノウハウが蓄積された現代にあっては世の中最低限のところは本能的に働くでしょう。

 

だったら、、

はやくそうしよう、給料安くてもいい、みんなが働かず安かったら相対的に安くもなくなる、、

あくせく働くのは辞めにして、

、、、、、

でもそのためには誰かが声を上げてうねりにしないといけませんね。

あ、わたしのようなミジンコにそんなパワーはないので期待せずにお願いしますね。。

 



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました