アドバンスの意味

アドバンス 意味 カタカナ語

アドバンス、英語表記でAdvance、直訳しますと、前進するということです。

人間とは日々成長、いつまでもアドバンス、日々これ精進なり、バカンスばかりでは怠惰、停滞してしまいます。

アドバンスの意味

アドバンス 意味

前へ進む、昇進する、先払いにする、といった意味あいで、先手を打って事を進めるというニュアンスです。発展する。

ビジネス用語としてのアドバンス

これは前払い金や手付金といったことを指します。

アドバンスの使い方

アドバンスモード・・・ゲームなどでよく用いられる言葉ですが、要はノーマルよりレベルが上の難しいバージョンということです。

アドバンスコース・・・上級コースです。

アドバンスの読み方

advanceの意味

あどばんす、です。ア、にアクセントで、あ↑どばんす

誤用

代々、頭髪の薄い家系、ここはアドバンス、つまり先手を打つ。本業の傍ら、週末のサーフィンを教えるコーチのアルバイトでお金を貯め、アデランス(※)へ通うことにした。

(※)アデランス・・・株式会社アデランス(Aderans Company Limited)は、日本にて創業し、世界に展開する総合毛髪のグローバルリーディングカンパニーであり、ウィッグの他、同社が展開する男性向け育毛・増毛サービスのブランド名でもある。名称はフランス語で「接着・付着」を意味する「adhérence」に由来するものである。引用:Wikipediaより

追伸:

アドバンスっていうのは前進する、前向きな言葉です。

しかし、この世の中、前ばかりを向き続けるにはとてもエネルギーのいることでもあります。暗い闇夜の中では前(未来)を向くよりも、後ろ(過去)を懐かしむほうが慰めになることだってあります。

けれどもそれでも人は前に歩きださないといけません。

時には誰かを傷つけ、失ったりして初めて犯した罪をしる。昔のようにはもう戻れない。それがきらめて見えたとしても、明日へと歩きださなきゃいけない、雪が降りしきろうともアドバンス。  はい、これは2020年に人気を博したアーティストの曲「白日」の一節をモチーフにしたものですが、まさにこれはアドバンス、です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました