口がタンスの臭いがする(樟脳臭い口臭)原因と対処法

口臭

こんにちは。コミュ障管理人です。 口臭と社会生活における対人関係は密接すぎるほどの関係があるので、コミュ障はまず自分の息に自信をつけるためにもここで失敗するわけにはいけません。 最近ワタシは嫁にやたら口がタンス臭いと指摘され、口を閉じていても鼻息だけでタンス臭い、歯磨きしても臭いといわれ、さらに喋ることに抵抗を感じるようになってきたので今回ネタとして取り上げました。口から息を漏らさないように腹話術式に口を閉じて喋ってしまってさらに聞き取りづらい声になります。

時間がない方のために、先に答えを出しておきましょう。
口臭がタンス臭い(樟脳のニオイ)アナタの原因は、口内のジンジバリス菌(ギンギバリス菌 )によるもので、それを殺菌する歯磨き剤で解決します。

アセス

補足しておきますと、タンスの臭いってなんやという話ですが、これは防虫剤や消臭剤の成分の素となる「樟脳(ショウノウ)※クスノキ由来で昔から和服の虫除けに使われていた」のことです。製品でいうと昔のタンスにゴンとかですね。

※※※ 追 記! ※※※

 究極の私の [タンス 口臭]対策 

タンス的なニオイの元となるジンジバリス菌を退治する歯磨き粉で解決する!と言い放ってしまいましたが、撤回します。。その後、ワタシはこの強力な練りハミガキ剤のパワーに負けてしまって、味覚が鈍磨してきたのと、あと、使い続けていくうちに段々と菌に耐性が出てきたのか、次第にタンス臭が復活してきたためです。

そこで最終的に行き着いた方法があります。

原因はでした。

虫歯や歯肉炎も直して鼻や胃も悪くないのに口臭があるのはだいたいが舌ではないでしょうか。この舌にウジャウジャとタンス臭を放つ原因菌が潜んでいるんでしょう。舌の奥の方って表面の粒子も粗くいかにも原因菌が心地よく過ごせそうな雰囲気を漂わせています。 また、このニオイは歯磨きをするときに奥歯を磨く時に嗅ぐことができるでしょう。奥歯を磨く時は舌が喉の方へ奥まります。そうすると舌の奥が口の中から鼻腔を通じて(口と鼻は奥で空洞的につながっているので)、タンス臭さが感じられるかと思います。舌根沈下の状態だと舌の匂いが鼻腔を通じて嗅げるということです。

つまりヤツラはここに住んでいるんでしょう。

そこでワタシはベロ磨きを実践することにしました。ここでワンポイント、市販の殺菌作用のある薬用ハミガキを舌磨きブラシにつけて優しく撫でるように、塗るように、作業するんです。

ベロ磨き

これを一日一回毎朝やります。

ただし、本来はこの舌磨きは舌を傷つけてしまうのでやらない方がよいという歯科医さんもいるようですから、やりすぎ禁物です。ですから、最大で一日一回。

でも強力なタンス臭ってしつこくて、夕方くらいになってくるとまた匂ってくるんです。でもベロ磨きは負担がかかるので、タブレットをなめましょう。
オーラルデント|京都やまちやおすすめです。一日一回だけで効くとされる口臭タブレットで舌をクリーンな状態にする、つまり朝は優しくハミガキつけて舌磨き、午後にはタブレットで舌掃除、これでタンス臭撃退に強力な習慣が完成されると思っています。

ワタシは舌磨きによって、口臭を指摘されなくなりました。快適です。

※※※※※※

口が臭いと対人関係に自信が持てなくなる

コミュ障にもいろんな原因があるとして、人間ってまずマナーとして当り前のことができていないと人間関係だとかコミュニケーションがどうだとか言っていられません。
いくら人当りがよくても、いくら高潔な人格を備えていようとも、極端な話、基本的なマナーがなっていないとまったくダメです。

その基本的なマナーとはなんぞやですが、それは身だしなみに他ならないでしょう。 そしてその身だしなみの中でも一番気をつけなくてはいけないのがニオイです。

早い話、臭かったら嫌われるのです。
そして、その中でも自分で気が付きにくく、また分かっていても対処が難しいのが口臭に他ならないでしょう。

そしてぇぇぇ!
その口臭を、クサいと自覚してしまう、もしくは人から指摘されてしまうということはその後の人生に多大な影響を及ぼすことになります。
まず、話す時にもごもごします。できる限り息を洩らさないよう神経を配るので話にも集中できない。だからコミュ障になる。
さらに実際に臭いので周囲からもイヤな顔されるので話しかけると申し訳なく思うようになるので、孤立してコミュ障になる。
だんだん社会から遠ざかる、というわけです。

個人的に口臭は人生を破壊しうるだけのパワーがあると思っています。
気が強い人で厚顔無恥な場合は、そんなのヘッチャラ、口臭巻き散らかそうが自分が臭くなければそれでいい!とたくましく人生をわたるんでしょうが、そんな強い人は数少ないでしょう。

口臭の原因と対策

口臭の主な原因は二つ、口の中のトラブル(虫歯・歯肉炎・舌苔)と胃腸の病気でしょう。
なので、まずは口臭の根源を治さないことには始まりません。

基本はまず歯医者に最後まで通って口腔内を完全に仕上げることです。

そして、胃腸に関しては内科できっちり治す、というよりもほぼ胃腸の病気はストレスが原因でしょうからストレスを貯めない生活をすることが大事ですね。 でもこのストレス社会でストレス貯めないなんてムリだろ!という話ですが、運動習慣をつけることでかなりストレスに対する抵抗力をつけることができるのでオススメです。

あとは、水分をキッチリ摂取しておくことでしょうか。
唾液を分泌させることで消臭(殺菌)効果を生むのですが、
とにかく思った以上に水分って摂っていないものです。 コーヒーなどカフェインを含むものは脱水効果がありますし、ビールなんかのアルコールも同じく体から水分を奪います。
すると、口の中が乾きがちになるので、息が臭くなるのです。


【スポンサードリンク】


★タンス臭い口臭(タンスの樟脳のニオイ)

口臭

さて本題ですが、タンスの樟脳のニオイがする場合についてです。

ワタシの場合、口腔ケアにすごく気を遣っています。
歯ブラシだけなく、ポイントブラシという毛先がドリル状になったものや、デンタルフロスまぁ糸ようじですね。そんなのも使って10分くらいかけて歯磨きするのです。

それでも、嫁にタンスのニオイがすると指摘されるんですね。

確かに酒とコーヒーが好きなので、若干唾液分泌が少なくドライマウスがちなのかもしれませんが、とにかくタンスのニオイってどういうことなのよ、ということで調べてみますと、樟脳という防虫剤の成分が放つ匂いのことですね。

そして、このニオイを放つ原因菌が「ギンギバリス菌(ジンジバリス菌)」なのです。

これがあの切なく残念な香りを放つ源で、コイツをやっつけることができればタンス臭が消えるというわけです。

アセス

そしてどうやらその「ギンギバリス菌(ジンジバリス菌)」をやっつける歯磨き粉が冒頭にも紹介したアセスです。実際、アセスだけじゃなくて、他にもギンギバリス菌に効果がある歯磨き剤はあると思いますが、ドラッグストア(薬局)でも手軽に買えるので今回これを実際に使ってみました。

※すみません、冒頭で紹介した通り、ワタシは現在このやり方で対処していません。

★経過

【一回目】

夜の歯磨き時にアセスを使用。
嫁に息を嗅いでもらう。
→歯磨き直後でもタンス臭いと言われていたのが、クサくないとの判定。

【二回目】

起床後、息を嗅いでもらう。
→臭いとのこと。やはり寝起きの口は臭いか。。

しかし、わざわざ息を吹きかけないと臭わないとのこと。

【三回目】

朝、アセスで歯磨き後、昼飯を抜き、そのうえ水分を極限にまでセーブして、口臭が臭いまくる環境を作る。
これで夕方にニオイを嗅いでもらって検証。これで臭くないとなればほぼセーフ。
→ ほんのり臭うがかなり和らいだとのこと。イイ感じ。

こういうことを繰り返す中、実に3日間ほどで「タンスのニオイがなくなった」と判定をもらえました。

アセス、恐るべし。

ただし、アセスは医薬品に該当するものなので、どのレベルまで使っていいのか、また長期使用による副作用はどうなのかというのは謎です。

一部、味覚異常などもあるとかないとかいう話ですので(まぁそれだけ強力ということです)、運用はご自身の判断にお任せです。

個人的には、菌が繁殖しやすい就寝前の歯磨きはアセス、朝は普通の歯磨きに加え、一粒だけで済むような口臭タブレットオーラルデント|京都やまちや

などがいいと思います。

ココアもジンジバリス菌(ギンギバリス菌)に効果あり

View image | gettyimages.com

こぼれ話ですが、あのココアに含まれるポリフェノールにジンジバリス菌(ギンギバリス菌)撃退の効用がある、との研究もあるようですので、これは合わせて習慣にしてもいいでしょうね。ココア、おいしいですしね。ココアだけでタンス臭い口臭が消えるならホント毎日でも飲みたいところです。

その他、口臭雑学

せっかくなので口臭に関する知識を少し。

★一瞬で口臭を消す方法

以前、何かのTVでやっていましたが、冷水をキュッと飲むと、口臭成分の気化を押さえられてニオイが一発で消えるそうです。

★口臭は親の教育による

口臭っていうのは結局のところ、バイキンが原因なわけですが、この虫歯菌って誰からもらうかというと親からもらうんですね。 無知で愛情表現が大きい親を持つと、口にブチュブチュとキスされたり口移しでモノを食べさせたりすることがありますが、これで虫歯菌が子に伝染するのです。

そういえばワタシは自分の祖母ちゃんに口移しでモノを食べさせてもらっていたそうですが、おかげで子供の頃は虫歯だらけ、そして今現在に至るまで歯が弱く虫歯に侵されやすく、そして口臭に悩まされているというオチでございます。

★自分で口臭を確かめる方法

これはネットで調べたらすぐ出てきますが、とりあえず。

●手の甲を舐めて乾燥させた後を嗅いでみる。

誰でもそんなの臭いだろ!と思いそうですが、実は口臭がない人の唾液は乾燥させても臭いはないそうです。

●コップとか袋とかに息を貯める

自分の息というのは脳の特性上匂うことことできないものだと言われています。自分の口臭をいちいち感知していたらいざホントに毒性のある腐敗した食物を目の当たりにした時にその食べ物は危険であるというニオイセンサーを働かせることができません。つまり嗅覚が自分のニオイに気が付いてしまうと本来の目的である外界の危険物センサーとしての働きとして機能しにくくなるため、脳回路が自分のニオイをシャットアウトするようにプログラムしているのであります。

というわけですが、これを客観的に嗅ぐ方法は存在します。

コップや袋などに自分の息を閉じ込め、肺の中の空気を深呼吸で一度リセットした上で改めてニオイを嗅いでみるのです。

厳密には、自分のニオイに対するガードセンサーがあるのでそれでもフィルターがかかると思うので、何割減かのニオイと考えていいでしょう。

以上、つらつらと書きましたが、口臭はもう本当に人生を左右する一大事だと思っています。やるなら徹底的に対処していきましょう。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】