レジで割り込まれても文句が言えない

レジ待ち

こ、こんにちは。 宇宙は広くて地球はその片隅のチリにすぎないくらいの存在かも知れませんが、その地球の中でも存在感を示さない管理人のワタシです。 空気です、空気。

さて、

今日はお買い物の際のレジの話です。 そういえば過去にも当ブログではレジ待ちでも遠慮してしまうという記事を書いたことがありますが、コミュ障にとってはレジ一つとっても苦しい生活の壁なのです。 コミュ障専用レーンを作ってほしいくらいです。

で、そのレジ、割り込まれた経験、ありますか?

あからさまにグイッと割って悪びれる様子もなく割り込んでくるヤツ、しれ〜と割り込んでくるヤツ、空気が読めず気づかずに割り込んでくるヤツ、いろんなタイプがいます。

そんな中、

この間ワタシは、しれ〜と割り込んでくるヤツ、空気が読めず気づかずに割り込んでくるヤツ、の中間である「しれ〜っと、レジ待ちしている行列に気づいてか気づかないでか割り込んでくるオバサン」に遭遇してしまいました。

そう、ワタシの前に割り込まれたのです。

チクショウ!これは本当に悔しいことなのです。文面では分からないでしょうけども、ワタシの後ろにも健気に待っている女子高生や多忙そうなサラリーマンなどがいる最中、これは許せん! ワタシは今、ここにある責任を負って立っている、瞬間瞬間で見ると、よほど総理大臣よりも重い責務を負っているのではないかと思ったのです。


【スポンサードリンク】


しかも、そのワタシが入ったコンビニはレジが4台あり、レジ前が一つの横断通路にもなっていたので、ワタシは気遣って通路を塞いではいけないと少し前のお客さんと距離を開けていたのです。 そういう善意・マナーを踏みにじり、隙を狙って不意をつくかのように割り込んで来たこのオバサンは、それが仮に過失であっても許されないのではないかと。

勇気を出して、

「割り込んでますよ」

と、

・・・と、

言わなくてはならないではないかと。

でも待てよ!?

このオバサンはややもするとオバアチャン、つまり、これは一つの”公共交通機関でいう優先席”みたいなものではないのかと頭をよぎってしまったのです。

いやでも、待て、まだそこまで体力を心配するほどの年齢でもないぞ、 でも後姿だけじゃ分からないな、うううん、しかし、そもそもキチンと立てている段階でしっかりしている証拠じゃないか、ん!?そもそも待てよ、レジの店員もこの様子見てただろ、きちんと指摘しろよ、何やってんだよ、 確かにたかがオバサン一人の小さな買い物ごときでいい大人がイチイチ言うのも心が狭いぞ、、ああ、でも、そこはマナー、思い切ってここは声に出して注意しよう!、、

「こちらどうぞ〜」

隣のレジに案内されました。 それも結局、その割り込んだオバサンはちゃっかり先にレジして、その次の瞬間にワタシは隣のレジでやってもらったのです。

ワタシは総理大臣にはなれないのです。 やはりコミュ障なのです。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】