コミュ障と言葉使い

コミュ障と言葉使い

ボソボソと、言葉が詰まるように喉から声を出すような喋り方をする

普通に誰かと喋る時というのは、 もう本当に喉の奥から声を搾るような感じで必死で言葉を出すような、一語一句の言葉が詰まるような感じで、やっと振り絞ってだすような感じになっていました。 なんというか、何でもない一言でも、言葉を発するのが、胸が詰まるような息苦しさを感じて苦しいのです。
コミュ障と言葉使い

方言や訛りがコンプレックスで喋りづらい

ko,こんにちは、コミュ障やってますか? コミュ障といえば、まずは何を喋っていいか分からないということがあるのと、発音が悪いつまり滑舌や声量が小さいということがあげられます。 そう、喋り方にもコンプレックスを持つんですよね。 ...
コミュ障と言葉使い

敬語からタメ口へのタイミングの移行のやり方(君付けから呼び捨て等)

新しい会社、初めての人、、などなど社会に出るとコミュ障具合を発揮する場面は増えます。その中でも初歩的コミュ障のつまづきポイント「敬語からタメ語」への移行手順につき、リア充のパターンからその手法を学びましょう。