コミュ障におすすめ本

コミュ障におすすめ本

悩まずにはいられない人

こ、こんにちは、ごくり。 さてタイトルを見てオッと惹かれて最近読んだ本があります。 「悩まずにはいられない人 PHP新書 著書:加藤諦三」 人間とは誰しも幸福を願っているものであると思いがちですが、実はそうではない人もいるんです...
コミュ障におすすめ本

飲み会の前夜は、手術前のような緊張感と気の重苦しさ

こんにちは。安倍です。 飲み会の前夜、あなたは何を思い何を恐れるでしょうか。 人がズラッと着席していて、一斉にこちらを眺めるその眼差しは、洞窟に巣食うコウモリたちよりもおぞましく、地獄の釜に鉛を仕込み、薪に火を付け処刑する段取り...
コミュ障におすすめ本

太宰治「人間失格」が〝コミュ障あるある”すぎ。演じれる人見知り系コミュ障必見!

こここんにちは。 コミュ障の安倍でございます。 もう人生詰んだ感がハンパなく日々いや〜な汗に悩まされていますが地道にがんばって生きていたいと思います。 というのはコミュ障ならコミュ障でどこまでやれるのか?というのもワタシの一つの人生のテーマ...
コミュ障におすすめ本

「聞き上手」より「話し上手」になろう、雑談力を磨くための情報収集術

こんにちは。 コミュ障研究家の安倍です。 雑談タイムが来ると予想されるとドキドキしますよね、げえええ話すことねぇぇよぉぉぉお。。 業務的な話だったらできるんですが。。 会話で深める人間関係というのは相手の共通点探し、初対面のうちの交わ...
コミュ障におすすめ本

『ひとりになっても、夢中になれることをお持ちなさい』(コミュ障おすすめ本)、趣味が無いコミュ障は必見!

こんにちは、コミュ障研究家の安倍です。 最近子供が生まれたのですが、やっぱりコミュ障のせいで、ふっと気が付くと無言で子供をじーーっと見ているだけの自分がいて怖いです。 普通「おお、よちよち」「元気でちゅか〜」 とかいうだろう、と。  まぁ、...
コミュ障におすすめ本

人生の9割は逃げていい〈コミュ障おすすめ本〉

何事も我慢。その先に理想が待っているというのが世の風潮ですが、コミュ障にとってはただでさえ生きづらい世の中に加え対人下手という障害があるのにそんなのできないよ、と。 でもこれからは大丈夫!嫌なこと合わないことからはどんどん逃げてOKです。