コミュ障のあるある

コミュ障のあるある

そばにいるだけで気まずい

人間には、パーソナルスペースといって、親近感に応じて落ち着くその人との距離というものがあり、そのラインを超えて近寄られると警戒して身構えてしまう、という心理学的知見がありますが、まさにそのラインが、いつまで経っても縮まらないのがコミュ障というわけですが、 仮によく知った顔同士であっても(親睦度は別として)、隣り合わせるだけで苦痛という。
コミュ障のあるある

私語禁止、厳禁 ←楽勝

コミュ障は私語をしなくても平気なのです。 いやこれは語弊がありますね、私語などできないのです。ましてや雑談を私語と定義されるような人の集まるような場所でお喋りに興じるなど。
コミュ障のあるある

心を通わすことができない、心を通わせる方法が分からない。

表面上は話せる、社会生活を送る上での必要最低限なことも言える、でも戯れるというか仲良くなるための会話ができないのです。 つまり、いくら相手と喋れども、心が通わない感じがするということです。
コミュ障のあるある

ファーストフードの店でスムーズに注文できないコミュ障

ファーストフード店というのは、注文するのにコミュ力が必要だからです。 厳密には、コミュニケーション能力というより、ハキハキとモノを言える自信というところでしょうか。 こういう店というのは独自のオーダーシステムを持っているものです。 何をどう頼めばいいのか分からないのです。 
コミュ障のあるある

仕事を辞めたいのに辞めると言えない、勇気がない

コミュ障だと学校や職場を転々と、、 というイメージがありますが、いや実は意外にも真のコミュ障(人見知りタイプ)は、辞めません。 というより、嫌ということが苦手なので、簡単にやめないのです。 いや、辞めることができない、辞める勇気がないのです。
コミュ障のあるある

注文の仕方などのシステムが分からないレストランなどに入れない

オシャレなお店、特にレストラン系でドリンクバーとかサラダバー、スイーツのセルフサービス式のやつとかは、システムを理解するのに店員さんとのやりとりが必要で、コミュ障にはツラいからです。 カニやシャブシャブの店とかも何か得体が知れなくて怖いのです。バーとかにはきっと鬼が住んでいます。
コミュ障のあるある

服屋(ショップの店員)に緊張して苦手

あの、およそオシャレな服を飾って、中ではリア充の店員が舌なめずりをしながらこちらを肉食獣のように狙ってくる様はとてもコミュ障にはじっとしているだけでもウェっとなる空間なのです。 その居心地の悪さといえば、始業式に一人だけ体操服くらいの恥ずかしさなのではないでしょうか。
コミュ障のあるある

ゾッとするような孤独感

こ、こんにちは、これを書いている年の瀬、世は忘年会まみれでコミュ障には大変な時期になっていますが心の調子はいかがでしょうか。 さて、コミュ障の特徴といえば、喋れない、または喋りすぎて嫌われるというものがありますが、いずれにして...
コミュ障のあるある

お店のポイントカードの作り方が分からない、聞けないので作れない

ポイントカードはその判断において「あったらいいけど、なくてもいい」というコミュ障生活においての生活必需品の当落線上にあるもので、コミュ障にとってはこれがわざわざ勇気を出して、限りある自分のエネルギー資源を消費するほどのことではないと判断して、その結果、店員さんに聞けないのです。
コミュ障のあるある

ちょっと反対意見を言われただけでヘコむコミュ障

焦って相手の話を聞き終わらずに早合点して勝手に話をかぶせて相手と重なるように喋ったら実は相手は逆の発言をしていて、もつれるように相手の意味に合わせるように言い直す、それも自分の思いとは裏腹に言い直すというのがコミュ障学です。
タイトルとURLをコピーしました