「 コミュ障向きの仕事 」一覧

コミュ障に向く仕事、といいますか、ポイントとしては一人で黙々とできる仕事がいいのでしょうけれども、実はこういう仕事って皆無に等しいのです。 工場と言えども班単位で動いて休憩中の雑談があったり、ビルメンなどといってもペアで勤務するなどあるようですしね。 

そう考えると、仕事というものはおおよそ誰かしらと喋りながら協力して成り立つものと覚悟を決めるしかありません。

そんな中でも、ポイントはいかに「雑談」しなくてよさそうか? でしょう。

業務上の会話はどんな仕事でも必ず避けて通れないものと思いましょう。 仮にこれを避けて通れる仕事があるとしても、それは給料の安い仕事だと思って差し支えないでしょう。

だから、いかに雑談しなくてよさそうか、または周囲の人間性も暗い落ち着いた人が働いていそうかをポイントにする必要がありそうです。

そういった意味では、新聞配達・清掃・警備・設備メンテナンスなどの仕事がすぐに思い浮かびます。

でも、世の中にはどんな仕事が存在しているのかは絶えずチェックして「これよさそう」というものをマークしておく必要があります。

就職サイトのハローワークインターネットサイトはもちろんのこと、リクナビNEXTやマイナビ転職、enジャパンなどの転職サイトも定期的に目を通しておきたいところです。 

自身が設定した希望の仕事がアップされた時に通知する機能がだいたいの就職サイトにはありますが、そういう設定をしてひたすら待ちましょう。

または、もう腕一本で食べるためにフリーランスで何か手に職をつけるか。
ネットで稼ぐためにアフィリエイトを勉強するというのも手でしょう。
ただし、アフィリエイトはいまや飽和状態で、センスが問われます。
ハッキリ言ってコミュ障だから引きこもっていくらでもサイトくらいなら作れるぜー、と思っても実際はそんなに甘くありません。
今はネットに、アフィリエイトに関する情報は溢れかえっていますから、一からそれを収集して自力でサイトを構築することができてやっとスタートラインです。 そこから成果があがるかどうかはセンスです。 

あとは、投資を勉強するかでしょうか。
FXや株などを徹底的に勉強して投資だけで食べていける器量を身に着けるのです。
私は投資には全く興味がなく勉強する気もおきませんが、やはり世の中には肌があってFXとか株式投資などでそこそこ成果をあげる人もいるようですので、チャレンジしてみるのも手でしょう。

スポンサードリンク



暗い職場に就職したい

暗い職場に就職したい

こ、こんにちは。 こういうニーズってあると思うのですが、暗い職場を探して就職したいというニーズです。または、今の職場がキラキラと自分には眩しくて転職したいという。 基本的に世の中は、明るい...