ポエム

ポエム

店員さんに声が掛けられない気持ちを歌にしました。

いや、本当は聞けるんだけど、 こうやって迷いながら買い物するのもショッピングの醍醐味だなんて自分に言い聞かせながら、また、せわしなく仕事している店員さんを目の当たりにして、そういう人の手を止めてはいけないと気が使える自分にちょっと心酔しながら、 無駄に店内をうろうろとしてやっと目的の商品を見つける、