滑舌をよくする方法

滑舌をよくする方法

ゆっくり喋ろうとしても、どうしても噛む

噛む、というのは言葉を発している途中につまったり、発音を間違えたりすることですね。この現象は不思議ですが、まぁそもそも動物がいろんな音を使い分けて言葉として発すること自体が奇跡的な芸当なわけですから、そりゃ間違って当然じゃないかという気がします。
滑舌をよくする方法

滑舌をよくする練習(アナウンサー直伝、口の両端をつまんで発音する)

口の両端を両手の指でつまんで開きにくい状態にして、「アエイウエオアオ・カケキクケコカコ・・・」と例の発音練習をやるのです。すると舌の動きが滑らかに動くようになり、ハッキリとした発音が可能になるそうですね!
滑舌をよくする方法

毎朝声を「アーッ」と上げて発声練習するとハッキリ喋れるようになる

毎日「アエイウエオアオー、カケキクケコカコー・・・」とか練習できませんよね? やれる人はぜひ習慣にして続けましょう。  できない人は、毎日一分でいいので 「アーー」 と長く発音していくだけで発声がよくなるそうです。
滑舌をよくする方法

ボソボソと喋って滑舌が悪いのを改善する方法

滑舌、という漢字ってちょっと前までパソコンで変換されなかったのですがここ最近ではバッチリ変換されるようになってきましたね。 ワタシは昔から滑舌が悪い上に喋る内容も慌ててしまってまとまらないまま言葉にするようなところがありいつもネットで「滑舌...
吃音(ドモり)

どもる(吃音)のは頭の回転が速いから!?解決法は早口を治すこと

吃るのは頭が悪いから言葉もはっきり喋れない現象、というような感じがしますが実は逆。 頭が良いからこそ結果として口が回らず早口となって言葉が詰まってしまう現象なのです。 その解決方法は、もうゆっくり話すことにつきます。 簡単にできるゆっくり話す方法をご紹介します。
吃音(ドモり)

コミュ障とか吃り以前に声を改善しようlet’sボイストレーニング!

こんにちは。 コミュ障してますか? コミュ障、ということで人との距離をとってしまう方も多々いるかと思いますが、コミュ障を克服するための一つとして、まずは声の改善をおすすめしたいのですね。 まぁ、コミュ障に関しては 「直さなくても...