電話応対がまだ苦手で、怒られて落ち込んでいる

電話応対

読者さんからの投稿記事です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
電話応対がまだ苦手で、怒られて落ち込んでいる

電話が苦手なのです。
会社にかかってくる電話。

今日、その電話応対の件でのミスにつき先輩に怒られました。

掛かってきた電話をとると先方が指名してきたのはなんと部長(私の上司のまた上司)だったのですが、この電話の方の名乗った社名が割と複雑な名前で、私はすべて覚えきれなかったのです。
なので、部長に取り次ぐ際に、(今ひとつ素性の知れない電話だったので)

「部長、〇×商事という所からお電話かかっていますがどうしましょう??」

と、保留ボタンを押してまずお伺いを立てたのです。

すると、
部長はその社名を知っていたようで、

「いいよ、取り次いで」

とのことでしたので私はそのまま
「では外線1番を」
と伝えたのです。

すると、部長が
「で、〇×商事の誰さん?」

と聞き直してきたのです。

その時、
ふと、あれ名前忘れた誰だっけ??
と頭が真っ白になった私は、というのも部長はとても厳しい人なので至らない所があると厳しい叱責が飛んでくるんです。そのため私はまずます焦り、

「すみません、名前は分かりません。。」


【スポンサードリンク】


と答えました。
軽く舌打ちをしながら部長が電話をとろうとした瞬間、

冒頭で説明した通り、私の年下の先輩(私の過去の部下)から、

「あのねぇ、電話取り次ぐ時は名前確認してよ」

と叱られたのです。

ごもっとも!!
確かにそうなんです、でも電話が苦手というか、最近移り変わった職場では電話番を主にやる方がおらず、全員で出なくてはならないため、電話応対に慣れていない私もたくさん電話に出ざるを得ない状況にあるのです。

にしても、私は苦手だなぁ、電話。
まず相手の名乗りを漏らさず聴き取るのが苦手で、社名を聞いた後の個人名を覚えておくのがとても苦手なんです。
例えば、
「デジタルステーション株式会社の武田です」
と名乗られたら、デジタルステーション株式会社を聞き取れた安堵感というか、意識の集中の途切れみたいなものがあって、続く名前を覚える余裕がないという状況になるのです。

で、こんな繊細な性格の私ですから、
怒られた後はそのことばかりに気を取られ、仕事がろくに手につかなくなるっていう負のスパイラルなんですね。

もっと図太くならなくちゃな。
どれだけ怒られようとも命の危機があるわけじゃないのなら、気にするだけ損ってこと。明るく受け流して生きていけるようになろうと思います。
どうせ人生は短いんだから。また、人はいずれその環境に慣れるんだから。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人







【スポンサード リンク】