ディスカッションとかの前段のアイスブレイクのタイムが苦手

アイスブレイク ブログ
この記事は約2分で読めます。
スポンサード リンク

ADHDグレーゾーンでHSPの管理人どもりーまんです。サラリーマンやっています、向いてないのに。

さてサラリーマンやっていますと、なんらかの定例会とか会議とかあって、コミュニケーションが苦手な人にとってはとてもつらいディスカッションタイムがあるわけです。

とくに初対面同士の場合の集まりではディスカッションの冒頭に、

アイスブレイク タイム

というイベントがあって、これは緊張をほぐすための施策です。

初対面同士ですから緊張してカチンコチン、アイス状態なわけですからこれを溶かしてあげないといけない、そのためにアイスブレイクタイムがあります。

これ、一番面倒くさいのが、自己紹介を条件付きでやらされることです。

例えば司会者がアイスブレイクを施すにあたって、こう促します。

「さて本日は皆さんも緊張しておられることでしょうから、まずアイスブレイクから始めましょう。では一人一人自己紹介していただきましょう。名前、出身、最近あった楽しかったことなど添えていただくようお願いします」

などと、まるでふいに一発芸を求められるような緊迫感と気恥ずかしさがあり、目まいがするのです。

スポンサード リンク

 

アイスブレイク

ここで一気に緊張感が高まり、ただでさえ消耗するディスカッションを前にエネルギーの大半を持っていかれゲンナリ、無理に温めなくても走っていたらぬくもるのに、、過酷なウォーミングアップという試練です。

で、アイスブレイクのあともやっぱり、ほぐれてねぇ!アイスブレイクの自己紹介を終えた安堵感で楽になったように錯覚しているだけでやっぱり慣れないメンバーを前にして緊張はとけないんです。

迷惑な話です。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました