営業はサイコパスが向いている

サイコパス営業の仕事
この記事は約5分で読めます。

HSPどもりーまんです。
今日は酒に酔っ払いながら書いています。

学生の頃、一番やりたくなかった仕事の一つ、営業職についてしまい、もう10数年、向かない・辞めたいと思いながらも、

①この仕事の給料の高さ(事務職と比べて)
②辞めると言い出せない(コワイひとばっかりで)
➂なんだかんだで出来てしまっている(もっとも周囲はどう思ってるか知らないけど)

以上3点から続いてしまっています。
いや、向いてませんよ、この内向的な性格というかHSPで繊細なワタシには日々が修行そのものでしかありません。何がツライってゴールが見えないんです、またそのゴールが眩しくて、とてもワタシのような陰キャには到底到達できそうもない世界で月とスッポン、ムリだろう、でもなぜ貴方(ワタシ自身のこと)はここまで頑張っちまったの? 後戻りできない所まで来ちまったじゃないかと、振り返ればもう今年39歳、
取り返せませんよ。。と。子どもも二人こしらえちまったよ、、社会的にも身動きとれないよ、、と。
ああ、こうやって世の中のお父さんは縛られてしまうんだな、と。

もうこうなるといかに青い鳥を追いかけず覚悟を決めるかに掛かっているように思えます。どうせどこの会社に行ったってこの特殊な性格(MBTI診断でINFP型、そしてHSPという特徴で生きづらい)なら、どこかで腹をくくるしかないじゃないか、と。

やるよ、やるよ、やったるよ!!

でも、よりにもよって、自分が一番苦手とするセールスの世界で勝負するとはなぁ、、若いころの自分をけちょんけちょんに説教したいところです。

で、営業の仕事、続けて今にいたります。。ああ、もう15年目だよ。。今年こそは辞めるぞ、、と願いながら。。

営業の仕事をやってきてどうだったか?

ワタシ?ワタシはそこそこです。実はこう見えてなんだかんだでやり続けることが出来ています。毎朝、布団から這い出すようにしてやっとの思いで起き出していますが。

でも、トップにはなれない。
物足らないと評価される-。 頑張ってはいるんだけど(主観的に。。

営業で成果を出す人っていうのはサイコパスさが必要

営業の仕事をずっとやっていますが、サイコパスの人間性をもった人が一番成績がよいです。
学歴とか経歴とか抜きに、センスがあるのはやはり良心を欠いたタイプであり、いわゆる、ワタシのようないい人ほど仕事ができない

そして、サイコパス、その中でも同情したふりをできるタイプ(サイコパスも行き過ぎると反社会的な残酷な犯罪者になりますが適度?なサイコパスつまり一般人寄りのサイコパス)はもっと強い。
表面では「それは大変でしたね」とさも自分ごとのように受け止めているかのように見せ、でも裏では「あのバカがさぁ」なんてケロッと言えるタイプはもう、、

本当に仕事ができます。

打算的なので、感情を排除してサクサクと進めるのでスケジュールの立て方もうまく、それを淡々と実行する能力もすごい。

遠慮することを知らないのでずけずけといける、だから逆に熱烈なファンを作ることができる。
また社内的にも、目下の人間を馬車馬のごとく使える、つまり慈悲を排除して合理的に支持を出せるので組織を動かす力がすごいのです。もちろんその過程で反発を受けることもあるのでしょうけど、推進力がすごい。
そういう人はやっぱり出世するのでしょう。。


MBTI性格診断でいうと、T(思考)とF(感情)の違いで、Tが働き判断力がすごい。冷徹にのしあがる。

そういう人からすると私のような奥ゆかしいタイプは逆に本心を隠している、悪いやつにうつるようです。

だから何が正義で何が道徳に沿っているかなんて決断は下せないんですが、、

営業はサイコパスが向いている、そう思うのです。

営業企画もサイコパス性が必要かもしれない

営業がダメだったら営業企画なんてどう?
と思っていました、ワタシ。営業企画というのは、
営業サポートです。軍師、のような仕事です。直接現場に出て手は下さないけど、目的達成のためにアレコレと絵を書いて(計画を立て)、営業を動かし売り上げを立てる部署です。販促を企画したり責めるポイントを明確にして指針を打ち出す部署です。
デスクワーク中心でラクそう、、きっとコミュニケーション苦手な人見知りな自分にピッタリ♪ 本とか見ても営業企画部の適性として「謙虚さ」がもっとも求められる、、なんて書いてある♥、

、、、

とんでもない。。

営業企画は営業の仕事を経験し熟知した人でなくては務まりませんし、何より社内コミュニケーション力が高く求められます。

ワタシは社内コミュニケーション力の方が難しいと思います。

社外コミュニケーション、いわば社外的な営業というのは、実は難しいようでいて社内でのコミュニケーションほどは難しくないと思います。
社外に対するコミュニケーションは伝えるべきことを伝え、あとは相手が欲しいと思うかどうか、あとは競合次第なのですがその競合も「売りたい売りたい」という世界での接し方なので、”スタンス” において違いが出ず、意外と、用意されたことを言うか言わないか、

ですが、

社内の場合はそうもいきません。

相手(部下)を動かすにも同じ「やってくれ」では通用せず、そこにドスを利かせて、パワーに訴えかける要素が必要です。

つまりナメられない力。パワハラ駄目なんて言われる昨今ですが、人の上に立つ人は少なくともパワハラめいていないと務まりません。まず、パワハラができる度胸があるからこそ物怖じせずリスクをとってチャレンジできるわけですからビジネスの世界で大事な素養です。

恐れず前に進める根性がある人間だからこそ人に厳しくできる、残酷なまでに。その素養こそサイコパシーであると思うのです。

ああ、サイコパス。
優劣ではなくて彼(女)らはなんのストレスなく、冷酷になれるわけで、だからこそ徹底的に合理的な判断ができるのだと思います。そして人間はまた従順な人の方が多いですから自ずと従える人も多くなる、、そうやってお客さんにもモテるし(好かれているどうかは別としてYESを言わせしめることができる)、部下もまた服従するのです。

道徳、美徳を追いかけているとビジネス、とりわけ営業の世界では首をもがれます。

だから、サイコパス。
営業はサイコパスが向いているのでしょう。

でも!
HSPこそが営業の世界を席巻する時代をワタシは信じたいと、
そう願ってやまないのです。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました