言語優位者、言語映像タイプだった

言語優位者 言語映像タイプ

こ、こんにちは。管理人です。さて、このブログではこの人生にさまよえるワタシの魂の叫びが書き連ねてあります。というのも適職がわからないまま年だけ食ってオッサンになってしまい、今後の人生の見通しも立たず、35歳を超えても今だに自分の適職とは何かを問い続けているような状況ですから、とても残念なことになっています。

が!

最近、とうとうたどり着きました。 私の性格タイプ、能力的にピッタリな仕事とは何か。

結論からいいますと、

コピーライター、絵本作家、雑誌編集者、作詞家、こういうクリエイター的な仕事です。

では、どうやって導いたかを説明します。

以前、このブログで何度も紹介してきましたが、ワタシの性格タイプはINFP型というものになります。この性格を調べたい方は、無料性格診断テスト性格診断セブンなどのサイトで試してみてください。

で、このINFP型に合う仕事といっても千差万別、全般的にみるとクリエイタータイプであることに違いないのですが、心理学者とか宗教関係者とかイラストレーター、小説家とかとにかく色々なのです。 で、結局何やらよくわからず、しかもこういった職業ってほとんど募集していないものですから、ぼんやりとした印象で終わってしまうんです。

が、今回改めて自分の能力を調べてみました。

これは、医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン という名前の通り、まさに医学的な見地からその人の強みを割り出そうというものです。


【スポンサードリンク】


人間には、この世をみるときに、得意とする認知特性があり、それが強みの正体に他ならないのです。 絵を描くのが上手い人、音楽が上手な人、喋るのが上手な人、世の中にはいろんな特技を持った人がいますが、これらはつまりそれぞれの才能をどれだけ活かせているかによって、どこまで伸びるかが決まってくるといっても過言ではないでしょう。 極端な話でいうと、いくら絵を書くのが好きでも、それに見合った認知特性を備えていなければ画家として成功するのは難しいということで、この「好き」と「得意なこと」とのギャップって意外とあると思うのですがどうでしょうか。

で、この本にはその強み、つまり認知特性を割り出すテスト診断がついており、全35問に答えると、割り出されるのです。 で、私の場合は、、、

言語優位者で言語映像タイプという認知特性に強みがあるということが分かりました。

言語優位者 言語映像タイプ

↑ちなみに上記グラフは人の認知特性がどのタイプか診断する「頭のよさ」テストの集計・グラフ化するExcelブックをつくってみた! | Excelを制する者は人生を制す ~No Excel No Life~のサイトさんから拝借したエクセルファイルを使用させて頂きました。便利なのでぜひ。

で、このタイプ言語優位者(言語映像タイプ)の強みは具体的にどんなものかというと、言語と映像を結びつけるイマジネーションの連結がすごく、言葉から映像をイメージしたり、その逆も表現するのに長けているそうです。 そういえば、いま振り返ってみればワタシ、そういうことがあります。本とか読んでいるとその場面が見えますし、また見たものや事象などを何かに例えるようなこともよくやります。

で、ワタシの場合の適職は、INFP型の適職一覧とこの認知特性診断の適職一覧を照らし合わせて重なる部分である、

コピーライター、絵本作家、雑誌編集者、作詞家

となりました。

ヨッシャー!

これで適職は何かさまよい続けたワタシの迷走人生に一区切り付きました。

さて、あとはどうやってこういう仕事探すかな。

でも、最近ではクラウドワークスとかランサーズとか、クラウド系の募集案件もあるのでそういうので探してみますかね。でも、これじゃ副業どまりですな。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】


コメント

  1. ぶるうす より:

     こんにちは。以前にコメントで「近いうち介護職につく」と発言させていただいた者です。で、結果どうなったかというと、「他の仕事と同じ程度につらい」ということです。
    何がつらいかというと、ご老人の裸を見たり汚物を見たりということはへでもないのですが、やはり、コミュニケーションですね。利用者のご機嫌を損ねないか、ということには非常に気をつかいます。
     ただ、いい点もあるもので・・人相手なもので、「毎日仕事が違う」点です。INFPは単純作業が向かない、とあったと思うのですが、そういう点では向いている、ともいえると思います。
     でもまあ、ご老人はこちらと張り合ったりしないし、テンションも高くないので、コミュニケーションといってもママ友付き合いよりはずっとマシです。いまのところやめたいと思ったことはありません。

    • コミュ障研究家 より:

      ぶるうすさん
      毎度コメントありがとうございます。もう覚えていますよ。

      回答については記事に起こしていますのでまたご覧下さいませ。こういうリアルな体験は同志の貴重な知見になると思います。