ホットプレートがつかないと思ったらコンセントにコードを差し忘れていた

ADHD
この記事は約2分で読めます。
スポンサード リンク

こんにちは、どもりーまんてす。
今日は家族で餃子を家で焼きました、ホットプレートで。
一通り焼いて食べ終えてさあ後片付け、ホットプレートの最後には再度スイッチを入れて、水をまいて拭き取るというのが、メンテナンスとしていいでしょうか。
しかし私ときたらどうでしょう、
いくらやってもホットプレートが暑くならず、これはいよいよ壊れたと思ったのです。

でも、まあいいやと放置していたら妻から指摘されました、

「電源入ってないよ、いい加減にして💢」

スポンサード リンク

そうか、
タイマーのつまみオッケー、本体電源スイッチオッケー、温度調節オッケー、なんなら念押しでブレーカーの点検もオッケー(そもそも部屋の電灯が消えてないので点検不要)、さらに延長コードの大元のコンセント挿入オッケー、さあ、もうやることないぞ、いよいよやることないぞ、だからこのホットプレート壊れた、、、、

そうか、餃子を最初に焼き終えた後に、安全のためホットプレートの電源のコンセントを抜いておいたのを忘れていたのです。

コンセントに電源コードの差し込まれていない家電製品が動くわけはなく、という話です。

このポンコツ脳、なんとかしてほしいです。

妻にも、
「申し訳ないがあなたのそういうところが会社の人から毎日怒られる原因であると思う」と指摘されました。
いやあこれは障害ですよ、でもグレーゾーンゆえに私は根性論で言い訳するなと片付けられ、大変なんです。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】
スポンサードリンク

コメント

  1. てる より:

    やるやる、あります、あるあるですね笑

タイトルとURLをコピーしました