INFPやISFPは生きづらい

人間が信じられない
【謝罪】

当ブログの記事は具体的なキーワードとして「INFP型・ISFP型」について語っておりますが、実際にお寄せいただくご意見をお聞きする中で、記載してある内容は実際の当事者さんたちと違い、描写する人物像に乖離があることが分かってきました。私(INFP・ISFP)のように自己不全ではなく、気高く凛とした自己を持った倫理観の高い高潔な方が多いという印象で、社会に対して奥ゆかしさを持って努力している方というのがこの気質であると導きました。

また、生きづらい、というよりも律儀であるがゆえに作法に神経を配るため疲れやすいと表現するのが的確のようです。

ついては、当該記事は飽くまでも私見であり、その他のINFP・ISFPの方には当てはまらない旨をご了承下さい。 もしよろしければ、この旨をご了解の上、本当の姿はこうなんだということを実際に解説すべく、内向型(ここでいう内向とはI型のことです。サイト名称は飽くまで個体識別としてとらえて下さい)の人のためのSNSにご参加頂き、実際のところをより深く教えて頂ければと思います。


こ、こんにちは、今日は性格診断16タイプのINFP型・ISFP型についてのネタです。

これなんぞ?という方は当ブログの記事のINFP型,ISFP型とはをご覧ください。

INFPやISFPは生きづらい、人見知り。

INFP型、その割合はアメリカでは人口の5%とも言われていますが、これは実際どんなものなのでしょうか。 日本では10%くらいいるとの見方もあるようですが(やっぱり日本人は内気な人が多いですからね)多分少数派なんだと思います。
そして、やっぱりなんといっても、生きづらい、この性格タイプはそう感じながら日々を送っているのではないかと思います。

生きづらい、とは言っても決して世渡りができない、というわけではありません。
私自身がINFP型(ISFP型判定の時もある)なので、よく分かるのですが、このタイプはなんというのでしょう、そう、


【スポンサードリンク】


人見知り

なんです。人に気を遣いすぎる、遠慮しすぎて、また空気を読みすぎてヘトヘトになるのです。

そして、この人見知りの性向は、気苦労が絶えず、社会の人との接触の中で消耗してしまうという特徴があるでしょう、私がそうですので。。

まったく社交ができないわけではなく、
飲み会に誘われたら行くこともあるし、何かの集まりなんかも参加はします。

そう、断る勇気もまたないのがこのINFP型の特徴でもあるからです。 優しいのです、いや嫌われるのが怖いのです。

だから絶えず人と社交する際にはマイペースや自然体でいられることができないから、毎日がハードなのです。

思うに、
世の中の引きこもりやニートといった類の人達はこのINFP型であったりISFP型なのではないでしょうか。

やはりその過敏な感受性が、積もり積もって厭世観が醸成され引きこもってしまうのです。

ただ、世の中働かないと生きていけない、だから必死で外での摩擦に耐えながら、仮面をかぶって生きて、
ごまかし、ごまかしで世を渡る、それがINFP型とかISFP型なのではないでしょうか。

やがてそれに慣れ、人生とはこんなものなのだ、と変に耐性がついてくることもまた事実です。
私はサラリーマンとしてもう10年以上も日々の消耗に耐えているうちに、もう疲れるのが当たり前となり、その予測がつくようになり、今や心はニートなのに体は普通の社会人を装うことに成功したのです。

いや、成功とは言えないのかもしれません。

いつそのメッキがはがれ、やがて自分がそう振る舞えなくなるような時が来るのではないかというナーバスな悩みが絶えず頭の中をぐるぐると巡り、ふと暇ができると、将来への不安に身も心も沈みそうになるのです。

もっとも、この不安定さこそが、アーティスティックなのです。

INFP型やISFP型の適職の一つに、芸術家というものがありますが、これはある意味、心の不安だとか恐怖みたいなものもアートの原動力になることもあるでしょうから、やはりそういう才能と引き換えのなにか、なのかもしれませんね。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】


コメント

  1. 匿名 より:

    管理者さん、はじめまして。

    「日本では10%くらいいるとの見方もあるようですが」

    https://www.16personalities.com/country-profiles/japan ←リンク先によると
    10%ってレベルじゃなく、なんと日本ではISFPの比率が20%も超えていますよ。

    (正確にはISFP-T型が17.9%、ISFP-A型が5.4%です)

    日本国内に限ってもISFPタイプが一番多く、
    更に、「全世界でISFPの比率が高い」国が、……他ならぬ日本です。はい。

    そもそも日本人で一番多いタイプがISFPですから、そんなに落ち込まなくても悪くないと思います。

    因みに僕はINTPタイプでーすw

  2. 匿名 より:

    ちょっと話がそれますが…

    日本でISTP(匠タイプ)の比率はおおよそ10%くらいです。
    決して低い比率ではありませんが、ISFPタイプ(芸術家タイプ?)ほど多いとも言えないでしょう。

    しかしながら、世界でISTPの比率が一番高い国は、また日本です。
    つまり、世界で日本がISxP一番多い国ですね。

    (もしかしたら日本が職人(たくみ)の国になってのも、ISxPタイプが世界どこよりもずば抜けて多いだからこそ…かもしれませんね)

  3. 生物失格 より:

     俺もバリバリのISFPでした。
     本当に心の内を見透かされてますね……。一寸恐怖を覚えます。