INFP型の性格や人生、引きこもり・人見知り、中高年ニート..

こ、こんにちは。コミュ障管理人です。

今日は読者さんからのコメントをご紹介したいと思います。コミュ障にありがちな切実な悩みで身につまされます。

ちなみに、このご回答は当ブログの記事の「INFP型、ISFP型の向いている適性職業 ←実際には募集していない件」に対するコメントして頂いたものです。

INFPとは何のことか分からない方はこちらをどうぞ。INFP型・ISFP型とは

HN:ヤスシさん

私は適職診断でINFP型だという結果が出たのでINFP型について調べていたら、このサイトにたどり着きました。

私は30代後半で独身なのですが今までに正社員の経験はありません。
コンビニやスーパーのアルバイトだけなのですが、無職の期間のほうが多かったです。

理由は子供の頃から他人とのコミュニケーションが苦手で、人前に出ると緊張して、ちょっとした事で精神的に凹みやすいからです。

やはり私もクリエイティブな仕事が向いているという結果が出たのですが、子供の頃から一人で絵を描いたり詩を書いたりするのが好きで、哲学的な事(人生とは何か、どうして私はここにいて、この魂はどこへ行こうとしているのか自問自答していました)も好きでした。

クリエイティブな仕事が向いているというのは自分でも合っていると思います。

でも、このサイトに記載されているように地方ではクリエイティブな職業はなかなか無いですし、好きなだけで才能が無ければ難しいと思います。

しかし、普通の仕事なんて出来ないんです。普通の仕事が出来ないというか、他人と関わる事が極度に苦手で、人見知りで、緊張しやすいので他人と一緒に働くのが無理なんです。

自分と同じような性格の人だったら一緒にいても少しはリラックス出来るのですが、明るい人・元気な人・情熱的な人・体育会系の人が本当に苦手なんです(笑)

ですから、理想は自宅で一人で出来るような仕事なのですが、そういう仕事はパソコンなどを使ったクリエイティブな仕事が多いと思いますが、私には何の才能も無いので普通の仕事をしなくてはダメなのですが、他人と関わる事が極度に苦手なので普通の仕事なんて出来ないという悩みが頭の中でグルグル回っているだけで、気付いたら何の経験もスキルも身に付けず40歳近くになってしまいました。

このサイトではINFP型やISFP型は1つの事に集中できる素質があるというような事が書かれていますが、私は集中力はまったくありません。

でも、興味がある事や好きな事だったら、ちょっとだけ集中力が発揮される場合もありますが…。

文を書くのが好きなのは当たっています。だから、私もアフリエイトのような事をしてみようと思った事もあるのですが、何の文を書いたら良いのかネタが思い付かないです。

現在も無職で貯金も少なくなってきたので何か仕事をしないとダメなのですが(実家暮らしなので生活は何とか出来ますが、両親も年金暮らしになったので金銭的にはキツイです)、40歳近くの男でアルバイト経験が少しだけで資格も無く地方暮らしでは、なかなか良い職なんてありません。

体力を使うような仕事はあるのですが、心臓が弱いので動悸や息切れがしやすいので事務系の仕事しか出来ないです。

都会のほうに出ても良いのですが、田舎から出た経験が無く(ちょっとだけ引きこもりに近い感じなので、最近10数年くらいは都会に遊びに行った経験も無いです)、一人暮らしの経験も無いので不安で一歩を踏み出せないでいます。

詩を書いてお金になれば最高なので出版社に詩を送ってみた経験があるのですが、『詩は悪くないのですが、良い作品を作ったからといって売れるわけではないですし、コンスタントに新たな作品を創造していただかないと職業としてやっていくのは厳しいですよ』みたいな感想をいただきました。


【スポンサードリンク】


自分に向いている仕事や好きな仕事を探していたら、いつまでも見つからないのは頭では理解しているのですが、とにかく自分に自信が無いので不安ばかりが大きくて、今でも自分が理想の仕事・職場を探して悩んでいます。

さすがに40歳近くになると家族や親戚や近所の人の目が厳しくなってきているので、いつまでも引きこもりのような生活を抜け出したいのですが…難しいですね。

ヤスシさん、コメントありがとうございました。

魂の叫び声という感じがして一気に読んだと同時に、よく理解できる内容です。その理由としてはワタシも過去記事に挙げております。

明るい、社交的な人が苦手
年収500万でも生活苦しい。コミュ障は低収入になる傾向ありなので覚悟しよう
結局、何の才能もない

といった形で記事にしていますが、とにかく人が苦手すぎて溶け込める職場がないんですよね。ワタシもそういった感じで転々として、結果として年代としてはヤスシさんと同じくらいですが正社員経験はゼロです。今でも準社員的な感じで周囲を見ていると明らかな生活レベルの低さを実感するような日々です。 もっとも、生活レベルが低いのが嫌なんじゃなくて、そういう部分を人に見透かされてバカにされるのが嫌なだけなんですけどね。実際は一人食べる分だけひっそりあれば、、あとは引きこもりたいと思っているのが本音です。

ただ、ワタシの場合は頼れる身内もなく、嫌でも働かなくてはならない状況で、無職=死を意味していましたので、もう必死で耐え抜くような日々を繰り返していました。 で、うつ病にでもなったかというと、意外にそうでもなくて、職場で浮いたら浮いた状態に対する耐性みたいなものがついてくるようになりました。

だから根本的に人間関係で周囲と打ち解けられて、、というわけではなく、相変わらず職場ではおなじ部署でもワタシだけLINEに入っていませんし、ワタシだけ誰かの送別会などの飲み会に呼ばれていなかったなんてこともあります。 でも、呼ばれたら呼ばれたで苦痛なわけで、どうせどこに行っても同じなんだから、と割り切って生活の手段として淡々とこなしているような感じなのです。

でもそのスタンスは自分を慰めてくれます。もう別に誰にも期待されていないんだから、いや、むしろそういう状態を自ら作り出しているわけだから文句言ってもダメだ、これは自分が作った世界なんだと考えるようにしているのです。

とは言っても参考にならないと思います。

ヤスシさんにはヤスシさんの環境があり、ワタシはワタシで結局同じ性格でありながらも環境が違えば選ぶ道も違うであろうからです。

やはりワタシももし頼れる人がいたなら、同じように半分引きこもっていたことだと思います。もっとも、今でも心はニート、外では必死で演技しまくっているんですけどね。

で、

肝心の仕事内容の件ですが、ヤスシさんの場合は、もし時間があるならば、詩を書くのがお好きとのことなので、ブログでそれを始めるといいと思います。

タイトルは、「中高年ニートの詩〜人生詰んで背水の陣で唄う魂のさけび」とか、そんな感じでどうしょう?ふざけているのではなくて、そういう人となりが見えるタイトルのブログは同じ境遇の人の共感を呼ぶので読者も付きやすいと思うのです。

たくさん詩を書いていくうちに、ネットでどう発信すればアクセスが集まってくるのかという勘が養われてくると思います。これをやっていきアクセスが集まるようになったら、そこに広告を差し込んでWEB収入を得るような仕組みを作っていけばいいかと思います。

いずれにしても、

このINFP型という気質はクリエイティブでありながら同時にこの世を渡りづらい性格の持ち主なので、上手くいっているときも心配事は絶えないものだと思います。

だから、どう転んでもツラいことには変わりないので、それならば一つずつ何かに取り組んでいく、こういうスタンスはいかがでしょうか。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】


コメント

  1. ぶるうす より:

    こんばんは。以前にもコメントさせていただいたことのある者です。
    日常生活で心の折れそうなことに出会うたびこちらを見るようになっています。

    読者さんのコメント返答を読んでいるうちに、私も現在のシチュエーションに対して、やや見えるものが出てきましたので・・それがけっこう嬉しかったような気がするのでコメントします。

    私には現在、10代の娘がいるのですが、この子の関係で、学校やら習い事やらの親の関係が結構さかんです。イベントごとの役割やら、役員やら・・しかし私はその毎になんやかんやと言い訳して逃げているのです。理由はひとつ、対人関係がとても苦手だからです。
    で、今日も総会がひとつあったのですが、私はひとりソファで寝転がっておりました。そのときにやや疎外感を感じました。「私のことは誰も必要としていない・・」

    でもそういえば、これは私が選んだ道なんですよね。
    人が苦手だからといって、社会に参加することを避けている。
    そういうことを、こちらを見たらちょっと思えてきました。楽になったといえるわけではないですが。

    現在、私は介護職員の講座を受講しています。施設で働くとまた人間関係で悩みそうなので訪問介護を目指しています。一対一の関係ならなんとかできそうとも思えますし。

    ところで私も性格診断をしてみたのですが、管理人さんと同じにはなりませんでした。INFJといいまして、全人口の1%未満らしいです。・・・でもやっぱりコミュ障ですよ。