INFP型・ISFP型の恋愛

デート
【謝罪】

当ブログの記事は、具体的なキーワードとして「INFP型・ISFP型」について語っておりますが、実際にお寄せいただくご意見をお聞きする中で、記載してある内容は実際の当事者さんたちと違い、描写する人物像に乖離があることが分かってきました。私(INFP・ISFP)のように自己不全ではなく、気高く凛とした自己を持った倫理観の高い高潔な方が多いという印象で、社会に対して奥ゆかしさを持って努力している方というのがこの気質であると導きました。

INFPやISFPであっても優れたリーディングで仕事や家庭を引っ張る方はたくさんいらっしゃるようです。

ついては、当該記事は飽くまでも私見であり、その他のINFP・ISFPの方には当てはまらない旨をご了承下さい。 もしよろしければ、この旨をご了解の上、本当の姿はこうなんだということを実際に解説すべく、内向型(ここでいう内向とはI型のことです。サイト名称は飽くまで個体識別としてとらえて下さい)の人のためのSNSにご参加頂き、実際のところをより深く教えて頂ければと思います。


こ、こんにちはコミュ障やっていますか?
さて、今日は性格タイプに基づいたこのコミュ障へのアプローチとして、
性格診断16タイプでいうコミュ障のINFP型やISFP型の恋愛について論じたいと思います。
INFP型やISFP型が何のことやら分からない方は当ブログのコチラの記事(INFP型・ISFP型とは)をどうぞ

私はINFP型とISFP型を併せ持つ(どちらの判定にもなる)のですが、どちらかといえばINFP型よりなので、そちらでお話をしたいと思います。

基本的にINFPタイプは恋愛が苦手だと思います。
というのは、自分から話しかけることがあまりなく、異性と仲良くなるキッカケも掴みづらいからですね。

早い話が、シャイで奥手なのでなかなか交際するまで発展しないのです。
いや、もっというと異性の友達すら少ないのではないかと思います。


【スポンサードリンク】


でも、だからといって恋愛ができない、というわけではありません。
やはり、人間というものは色んなタイプ(まぁ16タイプですが)がいるわけですから、
いろんな好みを持つ人がいるわけです。

大人しくてシャイで無口なタイプを好き、ということもあるわけです。

そういう意味では、確かにINFPやISFPは恋愛しにくい、とはいえるものの、できないということではありません。

確かに付き合っても、気が気が利かないというか、どうやってデートしたらいいのか、とか、何を喋ったらいいのか、何をプレゼントしてあげたらいいのかと迷う事なんかはよくあり、
常に神経を使っているような感じで一緒にいてもなんか気疲れするということもあるでしょう。

でも、付き合っていくうちになんとか関係を深めていけるものなのです。

現に私(男性)も結婚できて家庭を築いています。
ただ、結婚式だけは恥ずかしくて嫁に懇願して開きませんでしたが。

また友達も少ないので、結婚式自体が恥をさらけ出す場になってしまい、公開処刑状態になるからということもあります。

では、
このINFP・ISFPの、恋愛の延長である、結婚生活はどうか。

INFP・ISFPの結婚生活

INFP型やISFPというのは、大人しい性格なので尻に敷かれやすいです。
相手にもよりますが、私の場合は、嫁が思いっきり私と正反対の明るく快活な性格で、おそらくENTJ(指揮官タイプ)なのじゃないかと思いますが、
こういう相手だと完全にナメられてバカにされます。
毎日、毎日怒られ、
嫁は専業主婦なのに、ゴミは私に捨てに行かせますし、また、いろいろなことを言いつけてきます。
当然ですが、感謝されたことなどほぼありません。

というのは、やっぱり下に見られているからですね。

一緒にいて、落ち着かないわけではないですが、
イライラさせられることがよくあるのです。

ケンカするときも基本的に嫁のほうから吹っ掛けられます。
INFP型は自分からつっかかりませんからね。

でも、結婚生活なんでそんなもの、と割り切れれば大丈夫でしょう。
私もなんだかんだでもう10年になります。

コミュ障でも、やれないわけではないということです。

そのぶん、苦労はすごく多いですけど。。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】


コメント

  1. Mari より:

    こんばんは。偶然ネット検索してこのblogにたどり着きました。私の職場の同期の男性はISFPですよ~。見るからにそんな感じの方です、印象は「いい人過ぎる」ですかね??私はENTPです。この男性には密かに好意を寄せておりますが・・・・でもまあ、自分の事は良く喋ると思うのですが??通勤の帰り路が途中まで一緒なのでたまに帰る途中は堰切ったように、自分の思っている事やバックグラウンド、昔の彼女ネタ、まあ、ともかく自分の話しはよ~~くします!気を遣ってくれているのか??話したいのか??意味不明ですが。極め付けは自分の持病の話しでしょうか??いや、これってどう返答したらよいやら・・・・打ち明けてくれてありがとうとは返答しましたが。相性ではISFPとENTPはなぜか5つ星だったりですが。全く謎の人物なのでそこも面白いと私は思っていますが。自分から一緒に帰れて嬉しいと言ってみたり、今度二人で飲みに行きましょうとか??あ、これは飲み会の時の会話です。その時に持病の事は教えてくれましたが。その後はだんまりだったり??ENTPの私には????な事多いです。いったいあなたはどうしたいの??と思いますが、黙って話しは合わせております。

  2. ミカン より:

    私はINFPと診断された者です。
    大人しい性格だというのと尻に敷かれやすいのは別です。INFPでも自分からつっかかることはあります。
    あなたと一緒にしないでください。

  3. コミュ障研究家 より:

    ミカンさん
    ご気分を害されたようで申し訳ないです。共感できないポイントがあるということは、恐らくあなたと私は違うのです。

    ただ診断結果が私と同じであったということは、それは同じ回答をしたということでしょうから、私に文句は言わないで下さい、というか、こういう同性格もいるということを、お含みおき下さい。
    あと、性格がINFPだったとしてもそれが公然と分かるものではないでしょう。むしろこういう性格テストを受けようとする人が少数です。私は嫁にこのテストをやらせたら、「あんた、ほんま性格暗いね」といわれました、やっぱ、リア充な嫁ですが。やっぱり、こういうテストはそもそもやりたくないのでしょう、あのタイプの人たちは。
    ただ、それでも、ごめんなさい。その傷付けた事実に深く落ち込んでいます。。
    今後このサイトを開かないようにご注意下さい。失礼しました。

    最後に、もしよろしければ、その性格診断をしたサイトとミカンさんが答えた一覧をコピペでいいので、お寄せいただけないでしょうか?それと私の回答を付き合わせてみたいのです。

    • ミカン より:

      MBTIで同じ結果が出たとしても性格が全く同じだとは言えない、という事は十分理解しています。「大人しいので尻に敷かれやすい」「INFP型は自分からつっかからない」などと、INFP型にもいろんな性格の人がいる事を意識、理解せずに話を進めているのは、あなたの方ではないでしょうか。
      返信が遅くなってしまいましたが、感情に任せブログ主様を落ち込ませるような物言いをしてしまった事、お詫びいたします。

      • コミュ障研究家 より:

        ミカンさん
        コメントありがとうございます。
        おっしゃる通りです。このすれ違いも私の文章力が至らないせいです。申し訳ございません。
        INFP型にもいろいろな性格の方がいる、その通りだと思います。ただ、こうも私とあなたが違うというのは、これはもはやこの性格診断の精度が高くないことを意味していると思います。
        やはりこれだけ多種多様な人間がいる中で、16通りにくくるというのがそもそも無理があるということですね。
        例えば、ミカンさんの場合はINFPよりもENFPに近いのだと思います。私は極めて内向的でその極端な内向的性格により人見知りなので、その辺のずれがあるのではないでしょうか。ただ、私も見た感じはリア充を演じられることは断っておきます。 人前でスピーチするのも得意ですし、接客とか営業とかいう仕事でもそれなりの成績を収めます。若い頃はナンパとかして一人で女の子を引っ掛けてそのまま付き合ったりしたこともあるんですよ。が、そういうのを無理しながらやっている感じなんです。自分がわからないような感じですね。
        ということですが、いずれにせよ、私の表現が下手なのが元凶です。INFP型は文章力がある、そうですが、やっぱりそんなことはない(私のように下手な人間もいる)ってことですね。 まぁ、占いみたいなもんです。あまり信じてドツボにはまってはいけませんね。人それぞれ人間は違うものなのですから。

        ただ、ミカンさんと私、ここだけは似ていて親近感を覚えるというポイントがあります。それは、こういうネットでグチグチと言い合う、この陰湿で嫌味な性格です。ここだけは、もう嫌になるくらいに共感を覚えるのです。
        そしてミカンさん、あなたはまた私にコメントし、嫌味を返してくるでしょう。でもあなたは頭がいい方なので、私に気づかれないようにそれをやってくるかもしれません。
        いずれにしても不快感を覚えたはずのこのサイトにもう一回やってこられるでしょう。そして、嫌悪感を覚えて、1日中そればっかり考えて思い出し怒りする、どうでしょうか。

        • ミカン より:

          前のブログ主様からの返信にありました「性格診断をしたサイトとコピペ」の件ですが、あまりにコメントが長くなっては失礼かと思い省略させていただきました。
          自分が行ったサイトでは「INFP」「INTP」「ISTP」「ISFP」「ENFP」「INFJ」などの結果が出ました。ブログ主様の言う通り、ENFP型と診断された事はあります。結果に振れ幅が大きすぎて、自分がINFP型であるのかどうかすら疑わしい程です。しかし、外向型に近いとはいえ自分が内向型であることは確かなのです。
          陰湿で嫌味とは……心外ですね。
          私は一度も嫌味を言ったつもりはありませんよ。思った事を言ったまでです。
          このサイトに戻ってきた理由としては、共感できる記事を見つけこのブログに興味が湧いた、という事と「もしかしたら自分のコメントに返信してくれているかもしれない、それに返信しないのは失礼だ。」という考えがあっての事です。
          さすがに一日中嫌悪感を抱える事はないですね……

          • コミュ障研究家 より:

            ミカンさん
            返答ありがとうございます。また挑発的なコメントを返してしまいましてすみませんでした。というのも、攻撃された時の反応がどういったものか見てみたかったというのもありました。もっともネットだから出来ることで、これを面と向かってやれといわれても私にはできませんけど。。

            やはり、診断の件、色々判定が違って出るようですね(もっともこの判定結果のムラはよくあることだそうでそこがこのMbti診断の精度につき疑問視する声もあるみたいです)。
            私の場合は、INFPかISFPにしかならないので、そういった点でいうと、やはり私とミカンさんの間には乖離がありそうです。
            そして、このINFPの性格には、マインドワンダリングという心をかきみだす現象があり、ふと上の空になり、過ぎ去った嫌なことをまるでその場面にタイムスリップしてありありと再体験する感じになりグルグルと負の感情が頭を巡りますが、
            ミカンさんにはそれがないようですから、INFPであったとしても典型的なパターンではないのだと思います。
            いずれにしてもこの性格は生きづらさを感じます。むしろそうじゃないほうがいいと思います。。

  4. ミカン より:

    挑発的な攻撃だという自覚があり、さらに面と向かっては言えないような事をネット上の相手には平気で言える事、理解しかねます。思った事を口に出す事の何が「陰湿」で、直接的な言い方の何が「嫌味」なのかと矛盾を感じていました。
    MBTIは気分によって診断結果が変わりますからね……
    マインドワンダリングですか。物事が起こった時に感じた嫌悪感の程度によりますが、私もよくその現象に悩まされています。
    他人は全く気にしてなくても、恥ずかしい失敗をした時には「なんであんな態度をとってしまったのだろう。時間を戻してほしいぐらい恥ずかしい」喧嘩の際には「思い出したらむかついてきた。今からでも問いただしに行こうか」など、勝手に一人で考えてしまいます。
    マインドワンダリングが起こっているという所はINFP型的なのかもしれません。
    ただ「自分自身の性格が相手によって変わる」というENFP型とも取れる部分もあるのでどうしても断定はできませんが……
    長々とありがとうございました。趣味の範囲ではございますが、一度書籍を当たって自分のタイプを診断しなおしたいと思います。

    • コミュ障研究家 より:

      ミカンさん
      ここまでくるとむしろすがすがしいです。
      ミカンさんは、清廉で高潔なタイプなのでしょう。
      もしリアルの世界でも思ったことを気兼ねなく口にできるタイプならば、それはINFPとはかけ離れていると思いますよ。
      どちらかというとFではなくてTタイプ、そうでなければIではなくEだと思います。
      例えばこの文章を私に送信する前に、ためらいなく打てたでしょうか?それともアレコレと推敲して私がどう感じるか考えて送って来られたでしょうか?

      察するに、思ったことをそのまま送って来られているようですので、これは私にはなじむ行動ではありません。Lineとかのグループトークで文面を打った後にもう一度いや二度三度とこの文章でいいかとためらい送信ボタンを押すのをためらうタイプではないでしょう?
      そうだとすると、INFP感がありません、安心して普通の人として生きていけます。
      うらやましいです。

      • ミカン より:

        思った事を口に出すことはよくありますが、決して「気兼ねなく」とはいきません。言いたい事を言うけれど相手を無駄に傷つけないように、心に浮かんだ罵倒の類は常に控えています。
        長い文章なら(相手が誰でも)推敲は欠かしませんよ。
        LINEのグループトークで文章を見直すかどうかは、そのグループがどんなグループかによります。特に仲がいいわけではないグループでは送信ボタンを押すのを躊躇いますし、仲のいい人達のグループではすぐに送信ボタンを押します(長い文やお知らせなら推敲しますが)。しかしそれで後悔をする事も多いです。
        言いたい事を言えないのは精神的負担が大きいでしょうが、その慎重さを羨ましい、賢いなと思うことがよくあります。
        「なんとなく」で物事を行うことで、大変な後悔をすることがよくありますから……

        https://www.arealme.com/16-personality-test-radar-version/ja/

        ↑こちらのサイトで診断を行った結果、「ISTP型」と診断されました。確かにINFP型とはかけ離れているようです。
        こちらのサイトは問題の出し方がかなり的確なように思えます。
        最初にINFP型だと診断されたのは誤診断だったのかもしれません。
        誤った可能性のある曖昧な情報を元に、結果的にブログ主様を傷つけるような発言をしてしまった事、深く反省いたします。

        • コミュ障研究家 より:

          ミカンさん
          このサイト、問題が実生活に則していて、かつ認知特性を試すような問題もあって面白く、また説得力もありますね。
          ちなみに私は、、やっぱりINFPでした。そして、二番目に強いのがやはりISFPでした。
          でも結果は違えど、このブログに共感されたところがあったというは、やはり重なる部分もあるということで、複雑ですね。。
          こちらこそ、いろいろとすみませんでした!