医者のタメ口にムカつく

自分と年齢差があまりない医者のタメ口に腹が立つ

こんにちは、INFP型とISFP型を併せ持つ管理人です。INFP型とかが分からない方はコチラ

はい、ところで、これを書いている最近の出来事として、足を捻挫して病院に行ったということがありました。

そこで感じたINFP・ISFPあるあるを今回は書きたいと思います。

医者「今日はどうした?」

私「足を捻ったようでして、、」

医者「そうだね、腫れてるね、捻挫だよ」

という、まぁ当たり前なやり取りがなされました。

はい、何のことはない病院でのワンシーンではないかと思うでしょう。
こうやって字面に表わすと何もないのです。

何が引っかかるか。
そう、タメ口です。

このお医者さん、私と年齢も変わらないような人だったのがさらにムカつきまして、もう許せないのです。

話をすればするほど、イライラが募ってくるという。
こちらがお金を払う立場だからエラいとかそういうことをいうつもりはありません。
ただ、マナーとして、お金を払う立場である患者がきちんと敬語で腰低く接しているのに、その舐めた言動はなんだ、お前は何様だ!?(お医者様ですが。)と許せなくなってくるのです。
でも、言い立てる勇気はないので黙って怒りをこらえているしかできないのですがね。


【スポンサードリンク】


INFP型・ISFP型は礼儀正しいというか基本的に敬語

INFP型というかこの手の気質は礼儀正しい、というかマナーに割とうるさいのです。
学生時代は周囲が同級生なのでタメグチとしても、
社会に出れば、基本的に敬語です。

初対面や慣れてきてもあまり打ち解けられないタイプの人に対しては敬語で接するのがこのタイプだと思うのです。
特にINFP型は。

で、そのモラルを心の中で相手にも求めたくなります。
自分は敬語で接しているのに、なぜ相手はタメグチなのか。

これが例えば明らかな上下関係がある場合は、ここにワダカマリは発生しません。

相手に対しても、敬語を求めるのは、自分と同等・目下の人間に対しての事です。

その点でいうと、お医者さんというのは、患者がお金を払って(もちろん健康保険という税金補助もあるわけですが)いる以上、
これは一つの売った買ったの商売上の利害関係が生じ、そこは対等だと思うのです。そう、お金を払った方がえらいとまではいいません、でも対等だと思うのです。

つまり、
お医者さんでも、明らかな年上でない限り、こちらが敬語で接している以上、敬語で対応してほしいと思うのです。

なのに、コノヤロー、・・・でもそれを表に出せないこの苦しみよ。。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】


コメント

  1. 匿名 より:

    医療は、サービス業ではありません。日本の医療は医療現場の犠牲で成り立ってることを自覚してください。他国なら医療費の支払いで破産する人もごまんといます。個人的に、傲慢な医者もいることも事実ですが、患者さんとの距離感の取り方を考えて、タメ語であえて、話すこともあります。ただ、医療がサービス業ととらえられるとこっちとしてはやってられなくなります。医療は善意です

    • コミュ障研究家 より:

      匿名さん

      コメントありがとう。 
      もちろん、お医者さんには当然のように感謝してるよ。やっぱりあなたたちのおかげで我々が救われているのは事実。その通りだよね。
      それは、このブログの文面からはちょっと誤解を招いたようだけど、あなたたち医療サイドの犠牲のもと成り立っているってことには、もう本当リスペクトしているんだよ、分かってる。
      誤解を与えたようで申し訳ない、失礼。
      ただ、他国の話しは余計だけどね、だって、日本の場合は健康保険料は国民が払っていて、それで成り立っている部分もあるわけでしょう? それとも日本の場合は医療サイドのボランティア(全額病院負担)で成り立っているということかい? そういうわけじゃないよね?がっつり診療報酬払って、その分の見返り(報酬)をあなたたちは十分享受していると思うよ? もちろん、それに見合う努力をしていてそいう立場にあるわけだから、それはいいんだよ。お医者さんはそれだけ社会貢献の度合が高い仕事なんだよ。 
      それに、サービス業だなんて、こちら患者サイドも思っていないよ?  つねに「診てもらっている」と思っている。だから「先生」と呼ぶの。

      ・・・と、ここまでの文章でタメ口にさせていただきましたが、こういう感じです。
      もしこれに違和感を覚えられないということであれば、これはこれで単に価値観のすれ違いということで、何も言えません。。

      医療業がサービス業ではないことは十分に分かっています。私も病院で見てもらうときはよろしくお願いします、というスタンスです。 
      でもこちらはお金を払っています。つまり見返りに対する報酬を払っている、これは資本主義の世界では対等であり、どちらが偉いというわけではないと思うのです。直したい人がいて治す人がいる。 (※もし、ボランティアで診療しているならば私はいくらタメ語で接せられても何も思いません。)

      この辺りは当記事で触れているとおり、バランスなのです。 自分より明らかに人生の先輩で、自分の身を案じてくれているような先生からの言葉は、それが例え高圧的であっても何も思いません。 もっというと、れっきとしたサービス業(例えば車や家のセールスマン)であってもしっかりプロの仕事をしてくれていて、人生経験も豊富な方からタメ語を聞かれても私は気になりません。 そういうことです。

      ただ、中には、ダラダラと診療してこちらをバカにするような感じでタメ口をきいてくるような先生が一定数いて、
      そういう人のことを題材にあげさせていただいただけの話です。 あれを「医療は善意です」とは到底思えないのです。それをいったら、世の中の真っ当な商売は全部善意だと思うのです。

      一つの意見として受けて入れていただけたらと思います。
      まず、医療に対し、サービス業だから言葉遣いをしっかりしろとは思っておりません。社会通念上、違和感のない言葉使いをしてほしい、というだけの話です。 逆にいえばお医者さんという、とても立派なお仕事をされているからこそ、真人間であってほしいという社会の期待があると思ってください。 

      というか、お医者さんがこんな下世話なブログを読んだらダメです、ぜひご精進ください。