いつも何か考え事をしていて元気がない

住む世界が違う

こ、こんにちは。これを書いている今、世間はゴールデンウィークで旅行とかしまくりなようですが、そういうことにあまり縁がないワタシはこうやってブログ書いてますわな。

はい、そうなんです。

コミュ障で高収入の仕事にもありつけず、また周囲から浮いているがために話題にもついていけず、気が付けば世捨て人のように、、で、こうやってブログ書いてますわな。

それにしてもこのコミュ障の源泉となる気質としてワタシの場合は性格16タイプテストではINFP型とかISFP型とか判定されますが、

もう、毎日悩み事や考え事で頭の中、それから胸の中がいっぱいで、不安という毒ガスが渦巻いているような感じで、

そう、なんというのでしょう、スマホを使っているとみるみるうちに電池が減っていく、あんな感じです。スマホはとりあえず触らなければあまり充電は減りませんが、ワタシの場合はじっとしているだけでも悩み事や心配事や考え事でバイタリティを消耗していくのです。当然、元気もなくなっていくのです。

「あのときの言動ってあれでよかったかな」


【スポンサードリンク】


「メールの返信来ないけどなんか悪いことしたかな」

「うまく話せなかったな」

「また吃ってしまった、なぜなんだろう気を付けているのに」

「エアコンのスイッチ切ってきただろうか」

こんな具合に頭の中の中のメモリをその時集中すべきことをそっちの気で使用するものですから、やはりボーっとしたような感じになり、人の話も上の空で聞いているようなもの、エアーコミュニケーションとでもいいましょうか。

で、そんな調子ですから当然適確な返しもできず、会話も途中で終わるのです。

いや、コミュ障にありがちな事例として、(心が)会話を続けようとしていない上に、尚且つ、上の空で話しするものですから何も言葉が思い浮かばなくなるのだと思います。

この苦しい世の中で、思い悩むことはたくさんあるのですが、やはりそれは人といる時には心の奥にしまい、どうにもならないことで悩まない、一人で考えて解決しないことは誰かに相談する、こういうことで心を整えておきたいものです。

・・・それが難しいんだな。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】