自殺率の高い職業に営業が入っていないのが不思議

飲み会で浮く ニュース

こんにちは、久々の更新ですが何とか生きておりますよ、と。

青息吐息でノイローゼになりそうなんですが何とか耐えれているようです。人間は丈夫ですね。

さて、

グノシーニュースを見ていると次のニュースがのっていました。

▼▼

米国で労働者の自殺率が2000年以降、34%も上昇したとする米疾病対策センター(CDC)などの研究グループによる分析結果が「Morbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)」11月15日号に発表された。

特に建設および採掘関係の仕事に従事している男性と、芸術やデザイン、エンターテインメント、スポーツ、メディア関係の仕事に従事している女性で最も自殺率が高かったという。

CDCの全米傷害予防管理センター所長のDeb Houry氏は「自殺は家族や地域に悲劇をもたらすだけでなく、米国の労働力にも影響を与えるため、これは懸念すべき事態だ」とした上で、「自殺リスクが高い人を見つけ出すことで、自殺予防対策を通した救命につながる」と強調している。

研究グループは今回、米国17州で2012~2015年に自殺した2万2,053人の米国人(16~64歳)の職業に着目し、職業別の自殺率を分析した。

その結果、2015年の時点で自殺リスクが最も高かった職業は、男性では(1)建設および採掘業、(2)芸術やデザイン、エンターテインメント、スポーツ、メディア関係、(3)施工や保守、修理業だった。

一方、女性では(1)芸術やデザイン、エンターテインメント、スポーツ、メディア関係、(2)保安警備、(3)医療補助だった。


【スポンサードリンク】


また、2012年から2015年までに自殺率が最も急速に上昇したのは、飲食業に従事する女性(54%の上昇)と芸術やデザイン、エンターテインメント、スポーツ、メディア関係の仕事に従事する男性(47%の上昇)だった。一方、教師や図書館司書などは2015年時点で男女とも自殺率が最も低かった。

▲▲

これは意外です。

建設業とかは分かるにしても、保守とか修理業もダメだなんて不思議です。

いや、そもそも自殺気質というかそういう傾向のある人がそういう仕事を志向するのでしょうか。

芸術関係もどうやら自殺率が高いとのことで、なるほどアーティストと鬱病、自殺なんていうのは確かにそんなイメージがありますな。

で、ここでフシギなのはこのリストのなかに営業職が入っていないことです。

パワハラ、長時間労働、ノルマ、と心も体も病みやすい職種No.1になってもおかしくないとは思いますが、

こんなにハードな仕事ながら、全然ランクインしてこない。

営業をやってる私からするととても不思議です。

でもこれは裏を返せば二点、1つは営業につく人は人とのコミュニケーション能力が高まりそれが生命力を生むということ、もう1つは、元々バイタリティーに富んだ人が選ぶ仕事であるということです。

いずれにしても自殺率は低いとのことなので私もそうならないようやっていきたいと思います。

コメント