コミュ障が介護(士)職、infpなら向く?

介護

こ、こんには、コミュ障管理人です。さて皆さんは何の仕事をされていますか?

コミュ障と仕事選びは人生の一大難問ですからね。

一人でできそうな仕事を必死で探すも、そんな仕事ないですし、頭を悩ませます。

清掃の仕事やゴミ収集車の仕事とかに惹かれますが、あれも見た目以上にテキパキ動かないと務まらないでしょうからワタシには無理です。

じゃあ、介護なんかはどうでしょう。じいさんばあさん相手なら沈黙していても気まずくなさそうですし、何よりお喋りな方が多そうなので聞いているだけでよさそうです。

でも、実際の体験談が大事ですね。

ちょうどこのブログをよんでくださっている読者さんから、介護の仕事についたという報告をうけましたのでシェアしたいと思います。

ぶるうすさん、いつもコメントありがとうございます。

読者さん名:ぶるうすさん

こんにちは。以前にコメントで「近いうち介護職につく」と発言させていただいた者です。で、結果どうなったかというと、「他の仕事と同じ程度につらい」ということです。


【スポンサードリンク】


何がつらいかというと、ご老人の裸を見たり汚物を見たりということはへでもないのですが、やはり、コミュニケーションですね。利用者のご機嫌を損ねないか、ということには非常に気をつかいます。
ただ、いい点もあるもので・・人相手なもので、「毎日仕事が違う」点です。INFPは単純作業が向かない、とあったと思うのですが、そういう点では向いている、ともいえると思います。
でもまあ、ご老人はこちらと張り合ったりしないし、テンションも高くないので、コミュニケーションといってもママ友付き合いよりはずっとマシです。いまのところやめたいと思ったことはありません。

ぶるうすさん、それは良かったですね!
何の仕事をやってもきつい、なんていう月並みな激励を送るわけではありませんが、やはり、「辞めたいと思ったことはない」という点では、適性はあるということであり、キツくても仕事と割り切って続けるのがいいのではないでしょうか。

やっぱり、向いていない仕事は早期に辞めたいと思うような辛さがあると思います。

入所者とのコミュニケーションは、大変でしょうけども、やるべきことをやってくれる介護士さんであれば会話下手でもいいと思います。そもそも話相手になるのが仕事なわけではなきでしょうから。

あと、変化があるというのはご指摘のようにInfp向きかもしれませんね。

いずれにしても、介護の仕事特有のキツいとされる部分が平気(老人のあれこれ)なのは強みでしょうから、やればやるほど慣れていきそうですね。
ただ、ワタシの場合は、やっぱり介護すること自体に抵抗があるので無理そうです。。
子コミュ障なのにワガママいっちゃいけないのですが。。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】


コメント

  1. Mari より:

    こんばんは。さて、管理人様に重大なお知らせが!!私はやはり「ENFP型」だったという事実が判明しました。この「T」か?「F」か?との差はなかなか判断しにくいそうでして。同じく「S」か?「N」か?とも同じ部分があるそうです。私のENFP型を作る優勢→ 外向的直観 Ne、続いて補助 内向的感情 Fi とあり、管理人様の「INFP型」は私とは逆の優勢 内向的感情 Fi で次が補助 外向的直観 Ne との事・・・・

    外部(その他大勢の人間から)から関わる事でエネルギーをチャージする「ENFP型」内部、すなわち一人になる事でエネルギーをチャージする「INFP型」
    なかなか奥が深いですね!!

    私が「ENTP型」であればこのblogを見つける事もなかったでしょう。「NT」
    タイプは合理主義、自分と正反対のタイプの事を詳しく知りたいとは思わずに、割り切る事が出来ると思いますので。ある意味羨ましいようにも思います。

    まあ、私事ですがこれがまた!様々な方からびっくりするような打ち明け話をされるのです。「旦那からDVされている」「摂食障害だった」「彼氏がヒモで風俗で働いていた」「ホスト通いがやめられない」等々・・・・

    この能天気な私にです!!とはいえ、打ち明けてくれた事がディープな問題で本人はさぞかし辛い事であろうとは想像出来るので、この私で何か出来る事はないだろうか?と真剣に考えるのですが・・・・結局は、自分でその問題に立ち向かい、解決できるようにと話しを聞きながら祈るのです。勿論、話は聞きますが、やはり厳しく言うのもなかなか難しいですが。

    かくいう私も、昔は心療内科に短期間ですがお世話になった事もありますので。
    管理人様やこのblogの読者の方も毎日悩んでいる事も多いと思います。

    が、しかし!その繊細な感情、心優しき性格は殺伐としたこの世の中であっても
    必ず必要とされている存在でしょう。外向性の強い人間の陰にあっても、光と影は
    一体ですし、太陽は月があってこそ、月は太陽があってこそですから。
    自分の中にある理想を失わずに過ごして欲しいと願います。

    ちなみに・・・・偶然見つけたカウンセラーの方のblogです。このカウンセラー
    の方は「INFJ型」だそうで、やはり天職を見つけるのは大変だったとの事。
    「F」が入っている性格は強そうに見えて、外向性でも内向性でもナイーブなの
    だそうです。ご参考までに・・・・またまた長文で失礼しました。
    http://blog.livedoor.jp/rsuganami/archives/1619374.html

    • コミュ障研究家 より:

      Mariさん
      いつも精力的なコメントありがとうございます。
      以前から気になっていたのですが、E型でもそうやって心の風邪みたいな状態になることがあるんだなと、考えさせられます。内向的人間の立場からするともう、そういう明るくエネルギッシュなタイプの人のタフさはとても真似できない強さを持っており、羨ましく感じるのです。

      いろんな人からディープな内容を相談されるというのは、それだけ人望が厚くて頼りがいがあるからでしょうね。それはなぜかというと、やはり、NFPという組合せだからではないでしょうか。
      空気が読めて優しいからでしょう。

      SとNが見極めが難しいのは知っていました。これは、私の診断結果がINFPかISFPになることから、やはり紙一重なんだと思います。

      でも、Mariさんとワタシ、IかE違い、似た思考回路なのに、明るいか暗いかというこの大きな違い、おもしろいですね。

  2. Mari より:

    一番タフな外向性を持っている性格は「ENTJ」ではないでしょうか?私は会った事はありませんが・・・自分が絶対になれないであろう野心的で理性が勝っている性格。
    真のリーダータイプでしょう。故サッチャー首相がそのようです。まさしく「鉄の女」!女性でいながら「NT」気質。男性に多いとされているそうです。

    「NF」タイプは理想主義ですので、人に期待をしたり、人に求め、人に失望し・・・対人関係が一番需要なのかもしれません。私は人を第一印象で決めないですし、最初は嫌な奴だと思っていたら、実はそうではなかったという事が多数あったので、まあ、人間が好きなのでしょうね。

    「SP」タイプは現実主義なので、どうなのかは分かりませんが。やはり感受性豊か
    でしょうから、芸術家気質かもしれません。ちなみに私は芸術性はゼロです!
    五感を刺激する数々の物は大好きですが、そういった事で自分を表現しようとは全く
    思わないのです。人と関わりながら何かを作っていくという過程は大好きですが。

    かといってカウンセラー(教育関連の仕事)は仕事にしたくはありません。一緒に悩んでしまう事が目に見えるので。それではプロにはなれないでしょう。昔は考えましたが・・・・

    外向性の「ENFP」「ENFJ」は見かけは平然としてエネルギッシュで明るいでしょうが、内面はかなり複雑かもしれません。意外と落ち込みやすいですよ。
    友人曰く「間口は広いが、その先が激細」だそうで(-_-;)簡単に本心は私も出しません。よっぽど信用している人間か人間の内面を良く見ている方ではないとなかなか理解出来ないでしょうから。

    「INFP型」も「ENFP型」も仕事探しが難しいのは同じでは?
    自分の中にある理想を捨てる事が出来ないのがネックでしょうか?私も同じですから。

    こちらのサイト・・・・とっても詳しくMBTI診断の詳細があります!
    私にとっては嬉しい事が沢山書いてあり、読んでいて元気になりました。
    http://mbti-reflection.club/111infp001.php