歌詞の意味が分からない

コンサート、ライブ、フェス

こんにちは。人見知ってますか?

ところであなたは音楽をよく聞く方でしょうか。

私はハマればそれっばっかり聞くたちですが、困ったことに歌詞の意味が分からないのです。

いや、厳密には頭に入ってこないのです。

音楽というものには全くといっていいほど関心を示してこなかった私ですのでなんとも言えませんが、私の脳機能の問題なんでしょう、言葉として受け取れないのですね。

例えば、あなたは下の歌詞を読んで意味が分かるでしょうか。

1.君と歩いた街に
冬の風が吹いている
こんなに切ない気持ち 戸惑うほどに
きっといつかは
こうなるとわかっていた
風が呼んだ 君の未来を
知っている 呼んでいる もしも時がゆるすならば 何もいらない
ただこのやるせない思い 永遠に
もしやり直せるなら きっと
まだ見つからない
思い出のシーン あの時の記憶
なぜか夕焼けの空にふっとよみがえる
2.またいつか
きっと願いかなうその季節
笑う君のいたいけなその顔を
知っている叫んでいる あたたかな日差しの中で ただ願うばかり
何もいらない ただ君だけを
いつかこの思い きっと届けと願いながら
いつかこの願い もしもかなうなら
 

この歌は何の歌かご存知でしょうか。


【スポンサードリンク】


そう有名なあの歌、、さぁ思い出してください。

正解は、

はい、こんな歌ありません。これはワタシが勝手に何のコンセプトも持たずに、よく歌のフレーズにある「君」という言葉、これから連想される言葉を闇雲に並べただけです、、すみません!

でも、

なんかそれらしく聞こえたのではないでしょうか。いや、少なくともワタシなら、もしこのレベルの歌詞でも楽曲に乗せられて歌われていたら違和感なく聞いてしまうと思います。

決して言語障害というわけではないのですが(まぁコミュ障ですけど)、音楽を聴いていて歌詞の意味を考えずにダラダラと聞いて、時折、意味を理解してやろうと意識を集中するも気が付けばまたメロディに流されて解読できないという。

最近は分かりやすい歌もできてきて、字幕を追って一つ一つ解釈していけば何の歌かわかるようになりましたが、、いやいや、意味も分からずに音楽を聴くってもったいないですね、それならクラシック音楽でいいですからね。。

あなたはいかがでしょうか。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】