気まずい人が多い

気まずい

こんにちは。コミュ障安倍です。世の中、色んな人がいますがワタシのように慈悲深い人間には嫌いな人間などいません、、いやごめんなさい、慈悲深いんじゃなくてただの小心者で内向的人見知りなため人に危害を加えないというだけでした。

ただ、嫌いな人というはおりませんでして、そう、気まずい人が多いだけなのです。

初対面は気まずい

気まずい
初対面同士だと気まずいですよね? もちろん、これは当り前の話で、人間の防衛本能でもあります。 初対面にいきなり心を許すというのは生物学的に見てかなりおかしいことです。 中には、初対面は平気だけど段々話すことがなくなって気が付けばよそよそしくなっていくというタイプの真性コミュ障もいますが(ワタシのその節があります)、やはり基本的にコミュ障であってもリア充であってもよく知らない人に対して警戒して口数が減るのは往々にしてあることです。

だから、初期段階で気まずいのは別に悩む必要もありません。

奥ゆかしい日本人ですから、むしろ初対面で口を聞かないスタンスはそれはそれで誠実な印象を与えるものです。一目置かれる、といいますか。

その後も気まずい

問題はその後なんですよね。初対面で気まずい、でも人間は顔を合わせているうちにだんだん打ち解け、いつしか興味を抱き話しかけてみようかなという気になってくる。そしてある瞬間、声を掛ける・掛けられる間合いができてくるのです。

しかーし!

コミュ障の場合、どうしてもこれが簡単ではないのです。

まず話しかけるなオーラを放っているので、向こうから話しかけづらいのです。

ということは、アナタから話しかけるしかありませんよね。

でも自分から話しかけるなんてできませんよね?

かくしてボッチ状態が出来上がるわけです。けれどもアナタは決してその人が嫌いなわけではないのでしょう、話しかけまくってくれればそれに受け答えしようと頑張れるでしょう。 もちろん疲れますけど、嫌いなわけではなく、ただ気まずいだけなので会話しながら焦る・頑張りながら喋る・ドギマギする・しどろもどろ・どもる、こういう症状が出てくるのです。

結局気まずい

で、結局、人間関係が発展せず気まずいまま進んでいくような感じなのですね。 とにかく気まずい、気まずい、気まずい、

掘り下げると、必ずしも全員が全員気まずいわけではなく、なかには話しやすいかな、みたいな人間もいるのですが、とにかくコミュ障はこのストライクゾーンが極めて狭いんです。

普通の人でも、喋りにくかったり上手に接することができない人っているのはたくさんいるものでしょうけどもコミュ障の場合はとにかくこのゾーンが極めて狭いのでなかなか打ち解けられないだけの話なんですね。


【スポンサードリンク】


そして、時間を経てもただコミュニティの中で気まずい人が増えていくという感じなのです。 統計学的にいうと一定の割合(高確率)で気まずい人が周囲にいるという印象です。

※ある意味、一緒にいても人間関係に一定の距離感を保つことができるコミュ障はすばらしいともいえるでしょう。 逆にいうとこの素質があるから時として目覚ましい成果を上げることができるのです。営業や接客業で成功する、リーダーになってうまく部下をマネジメントできるなどです。

気まずい原因

コミュ障で、気まずい人間関係だらけになってしまっている人に共通しているのは、まず根本的に見て自分から打ち解けようとしていないのです。

つまりいつまで経っても人間関係が発展しない状態、これこそが気まずい正体なのです。

本来、気まずい人間関係というのは、

ある程度付き合った上で何かお互いの間にあってはならない事態が起きて、それが互いに共有された上でそれをどう処理していいか分からない時に起こりうる一つのパニック状態であると思いますが、

コミュ障の場合は、初対面時に起きた気まずい感覚をその後の関係非構築によって醸成されてしまうのです。

そしてある程度時間が経ったあとだと、ますます本来初期段階で聞くような基本的なことを聞きづらくなるので、結果自然な会話ができなくなるというオチなのです。

話しかけるなオーラを取り除こう

コミュ障で悩む前のアナタでも過去振り返ってみれば自分から話しかけた経験があると思いますが、そういう話しかけやすい雰囲気の人っていますよね。つまりウェルカムオーラを放っている。話しかけるなオーラの逆のそういうオーラはどんなものなのか観察してみましょう。

・近くにいるといつも目を合わせてくる

・バカっぽい

とかいろいろあると思います。

とにかくそれを徹底的に真似ることで話しかけてもらえるオーラを築くことです。

話すことがなくてもいい、相手が近くに来たらその相手を見る、視線が合えば当然気まずいですが、それに対しただただニコニコするだけでも印象はグンと変わるはずです。

とにかく、今までの自分の行動を何か一つでも変えなければまず環境が変わることはないのです。 と、自分にも言い聞かせております。。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】