【閲覧注意】禁酒と20時以降の食事抜き、1週間続けた結果、効果がないことが判明

アルコール 禁酒してみた
この記事は約4分で読めます。
スポンサード リンク

ここここんにちは、ADHDグレーゾーンでHSPの管理人どもりーまんです。
さて、ただADHDを連呼しても人生は改善されませんから、なにかできることをコツコツと。

ということで最近決めた目標がコレだッ!

禁酒!

飲酒はどうやら一滴でもメリットがないことが判明したようですが、つまり2018年頃までは適量は心身によい影響を与えるという医学的見解だったわけですがそれも今は昔。

飲むほどにダメ、それに飲酒の習慣をコントロールするのは難しく、家で晩酌をする習慣があると人生がストレス連続になった時に、アルコール摂取量が増え、一気にアル中へと突入する危険があります。実際にワタシもそういうふうになりかけました。 というかアルコール依存症のスクリーニング検査を受けたらもうすでに、アルコール依存症と判定されます。

ただ最近は残業だらけの日々で、晩酌する時間が物理的にとれず、一日ストロングタイプ(アルコール高め)のチューハイを2本、という生活を続けていました。これを多いととるか少ないととるかという判断はありますが、それほど多飲でもないと思います。

が、毎朝起床時の絶望感と強烈な憂鬱感、会社にいくのがおぞましく感じられる、電車に飛び込んで自殺を企てる妄想などに襲われ、とてもこの先々もこのつらい日々を送ることを考えると、-もう環境は変わらないわけですから-

自分を変えるしかない!

そのためには、巷でさんざんそのメリットがささやかれている、

禁酒!

これへの取り組みを決意したのです。

そして、もうひとつ、

20時以降の食事抜き

これです。

夜の8時以降に食事をとると消化にエネルギーをとられ熟睡効果が妨げられるそうです。

そこでメシ抜きです。プチ断食。胃腸への負担も軽くなり体が軽くなるとのことです。

禁酒と食事を一気に抜くなんてなんという苦行!

と思いますが、酒を飲まないならおつまみも必要なく、またアルコールによる食欲増進効果もないわけですから、わりと我慢はできるはず、というよりいつも夜帰るのが遅いわけですから、もう本当に帰って寝るだけの生活にしようと決意したのです。

禁酒と断食を始める

で、いつものライフサイクル、朝5:20起床、夜21時帰宅の生活の中、早速月曜日から始めました。

スポンサード リンク

禁酒、夕食抜き一日目

ちょうどよいことに外は大雨、これで缶チューハイを買うのも億劫、飲みたい衝動をぐっと抑えきり、いつも立ち寄るコンビニをスルー!

しかも会社でボロッカスに怒られてヘロヘロにくたびれていたため、家に帰っても何もする気が起きず、クタクタ、早く寝たい、、と思い、もう本当にそのまま風呂へ直行し、着替えてドライヤーで髪を乾かすとそのまま布団へ倒れ込むようにして伏しました。

そして迎えた朝、、ダルイ、、

体は相変わらず重い。。体重も、初めて一日なので当然だけど減っていない。

禁酒、夕食抜き二日目

さぁ二日目、やばい、飲みたい、、でもここで飲んだらもう一生酒が辞められない、ぐっとこらえて昨日同様に21時帰宅、すぐに風呂入って寝る。22時就寝、ふとんで30分だけごろごろとスマホを見てそのまま7時間睡眠。

朝、むしろ体がだるい、うっすらと吐き気もあり、こんなんだったら昨晩飲んどけばよかった、どうせ変わらないんだったら、と感じる。ああ会社いきたくねぇえ!!

禁酒夕食抜き三日目

さぁ、でも二日も耐えたんだ、こんなにだるいのは最初の禁断症状で、やっぱり体から本当の意味でアルコールが抜けるのは1週間かかるんじゃないか、ネットにも1週間我慢できれば、、と書いてある。

耐えたッ!さぁ、どうだ第一関門の3日目を乗り切った!

禁酒、夕食抜き 四日目

朝、ダルイ、むしろここ最近で一番疲れている感じがする。。

禁酒 夕食抜き 五日目~七日目

会社にいても、全然頭は回らない、体は重い、ひどい疲れで何もしたくない、、ついでにいうとあんなに苦しんでアルコールも食事も抜いたのに体重1キロしか落ちていない、、もうだめだ、頭痛もするし。。

辞めた辞めた!

ストイックな生活は結局ストレスを溜め、むしろ心も体もむしばんで逆効果!

こんな生活続けていたらマジで鬱病になるわっ!

本当に死ぬ、頭痛いし体も重い、下腹部痛い。

さぁ飲むぞっ!

プシュッとな。

ぇぇぇぇぇぇぇぇぇええええ!!!!! 幸せやがな!!

 

ということで、

禁酒を志している方にとっては閲覧注意の記事となりました。

やはりアルコールには一定のストレス解消効果があり、好きな人は好きなだけ飲んだほうがいいのではないでしょうか(笑)



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました