コミュ障な人との交流

交流

こ、こんにちは。こんなブログ管理人にも相談を寄せて下さる方がいらっしゃいまして、今回はその紹介です。

差出人: たろ さん
題名: コミュ障な人との交流

メッセージ本文:
いつもブログを参考にさせて頂いています。
コミュ障な人と直接交流する方法について相談させていただきます。
私は、先日、仕事の都合で地元を離れたのですが、勤務先は全く縁のない土地で、知り合いが一人もいません。
また、仕事の人間関係も上手くいかず、休日は部屋でずっと過ごすなど、気持ちの晴れない毎日です。
私自身が内向的でコミュ二ケーションの苦手な人間なので、同じような性質の人と気持ちや悩みを共有したいと思っているのですが、なかなかそういう場所がありません。
こうした性質を改善していくには、直接のコミュニケーションが必要ですが、慎重な方が多いためか、現実の交流の場を見つけるのは難しいです。
それでも、そういう場所が欲しいという思いがある人は少なくないと思い、よい知恵がないか、ご相談させていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

縁もゆかりもない土地に転勤するというのはツライことですね。転居したときのアパートのあの居住空間の哀愁さ(綺麗汚いではなく慣れなく冷たい雰囲気)、アウェイ感とか、もう絶望的な気分になりますよね。

だからこそ寂しくなります。

プライベートでも当然ながらツテがないので人脈を築けず寂しく孤独な思いをしてしまいます。

たった一人でいい、一人だけ深く繋がれる人が見つかると万事解決するのですがそれがなかなか見つかりません。特に異性で恋愛対象ともなる人と親密になれたらどんな孤独も吹き飛ぶと思いますが簡単ではありませんよね。

というわけですが、もし、たろさんが若いならば以下をおすすめします。とても勇気がいることですが、現状を打開したいという気持ちがある方ならできると思います。


【スポンサードリンク】


●趣味仲間を見つける

これが社外で仲間を見つける一番手っ取り早い方法だと思います。スポーツなどだとだいたいはそういうコミュニティがあるので見つけやすいですね。もし学生時代に経験したスポーツがあるならそういうのを手掛かりに社会人コミュティを探すといいと思います。また文化系でもそういう集まりはあると思いますしなければ自身でブログなどを立上げて募ってみてもいいでしょう。

興味対象が同じ人間とは人は簡単に心が結びつき合いますから、一番手っ取り早いと思います。人間関係が得意な人はわざわざ趣味を持たなくても友人を作りますがあれは本当に芸当だと思います、才能。

●ナンパをする

男性ならばバーやストリートなどで異性に声を掛けてみるのも手です。できるわけねーだろ、と思いますが、お酒をあおって少し酔って度胸をつけるといいでしょう。最初の一回だけ、これは恐ろしく勇気が必要ですが、ここを乗り切ればだんだんとできるようになってきます。ただ、ムリをしないことです。直観的に「あの子雰囲気がいいな」と思える人に誠意をもって声をかけましょう、ほとんどが失敗に終わりますが、200人に1人くらいはOKを出してくれます。話下手とか顔がいけてないとかそういうのは関係なくて、統計学的にある一定の確率でうまく事が運びます。ただし、断られる数があまりにも多いのでやはり傷ついてしまいヘトヘトになるので、万全の心構えが必要です。あと下心は持って臨まないのが一番です。

●SNSでコミュ障オフ会をやる

これはワタシは実体験がありませんが、例えばこのブログではサブサイトとして「人見知りクラブ」といういわゆる人見知りさんのためのウェブ交流会を作っていますが、そういう感じで、コミュニティを作るか探して、実際のオフ会に持っていくという手段もあるかもしれません。が、ただ単に「コミュ障」が共通点なだけでは人間関係も発展しそうにないのでやはり何かほかに興味が一致するものがキーになりそうですね。

以上、あてにならないと思いますが、お試しください。少なくとも自分から何か仕掛けないと打開できそうにありません。

もっとも今のワタシとしては、誰とも約束の入っていない休日って、とても穏やかで幸せな時間でありうらやましいです。人と会う約束のある休日は前日から緊張して身も心も重いと、今はそう感じます。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】


コメント

  1. たろ より:

    丁寧なご回答ありがとうございました。
    私も、一人でいる方が好きなタイプですが、最近、仕事の人間関係に悩まされて、話し相手が欲しいなと思うようになりました。一人で抱え込んでいると参ってしまうので。
    そうなると、やはり、人の集まるところに行ってみるしかないですね。簡単ではないですが、自分のペースでやってみようと思います。