LINEに誘われない、同じグループなのに。

LINE苦手

こんにちは。LINEやっていますか?コミュ障だからやっていませんよね?とまでは言わないにしてもやはりLINEはやらないでしょう。あれはいきなり話しかけられるようなものですからね。ワタシみたいに動揺しやすいタイプの人間だと、あの、

ドゥードゥッドゥっと、厚かましいスマホからの呼びかけにビクッとして仰天してしまいます。ああ、これは地獄の通知やど、と。

で、吐きそうになりながら画面を確認すると、なんとか自分あてじゃない事務連絡だったとホッとするのです。

で、そう、事務連絡ですね。そう、こういう業務的なLINEにはまあグループなので誘われるとして、問題は、仲良しの戯れ系のグループには、同じコミュニティにいるのにも関わらず誘われないというのがあります。

しかも、みんな割とワタシがそのLINEに入っていないことを知った上で、公然とそのLINEであった話をするものですから、ワタシが可哀想になるのです。まぁ誰もワタシを憐れんでくれるような人はいないので、一人で慰めますけどね。

・・・、でもそのLINEに入りたいかといえば決してそうではなく、

(仲間はずれにされている事実は、まぁ仕方ないよな、人望ないしな俺、と割り切りつつも少しそんな自分が情けないような気になるのだけれども)

ただでさえリアルの世界でおぞましいほどの人間疲れしているワタシに、わざわざネットでも振り回されるのはとても身が持たないぜ、、と考えているのでそれはそれでいいのです、孤高のLINE村八分でも。


【スポンサードリンク】


でも、どうしてどこに行っても自分だけがなんかそういうLINEとかのグループに誘われないのかというのは考えておいたほうがよさそうですね。

それは、周囲の気遣いなのです。「あ、あの人はコミュ障でそっとしておいてあげなくちゃ」ときっと思われているのです。それか、性格が清らかで人の悪口を言わない潔白なタイプも煙たがられて意外とLINEに入れてもらえません。

でも、何もハナから仲間はずれにしてしまおうとしているのではなくて、そっとそっと。 そうやってむしろ見守るような態度であなたをLINEに誘わないのではないでしょうか。

じゃぁどうして公然と、LINEに入っていないワタシを差し置いて周囲はそういうLINEの話で盛り上がるのか。それはズバリ、、

「そこまでアナタのことを気にかけていないから」

であります。

どうでもいいと思っているのです。というか人間関係なんてそんなものなのです。自意識ほど人は人を意識していないものです。だからむしろその孤高を楽しむまではいかなくとも、そのLINEに削られる時間を、読書や勉強するなどして有意義なものにしましょう。

でも、それでも、LINEに誘われてきゃぴきゃぴしたいという方は、、もうそのための勉強をするしかありませんね、あとは心を解放して、むしろへりくだって「私も入れてよ〜」くらいのトーンにならないと難しいかもしれません。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】