ラインでスタンプを送るのにためらう、っていうかLINE苦手

LINE苦手 コミュ障のあるある

こ、こんにちはコミュ障の安倍です。Lineやってますか?

コミュ障なのにやむにやまれずLINE(ライン)のグループに入会させられていまうこと、、、ありますよね、あると思います。

Lineに誘ってくる方もコミュ障なアナタを誘うのは義務感、ハイと許諾するアナタも義務感、ああコミュ障じゃなければ素直に喜べるのに。。でも招待してもらえないよりはマシか、、となんとも悩ましいんですね。

 

ところでLINEというのは残酷なもので、即時返信が当たり前のような風潮が根付いていますから、 (あ、これ一昔前だと携帯電話のメール時代、それはそれは楽なものでしたよ、だってメールはだいたい一対一ですしじっくり返信考えていればいい時代でしたから。)テンポが大事、サッサっと返信して的確なスタンプで受け答えする、なかにはいかに奇抜かつ独特、でありながらも共感を呼ぶようなスタンプで返すことを職人的にこなしているような方もいるでしょう。

 

軽妙なスタンプさばき、すごいですよね〜

 

と、憧れたりしながらもコミュ障のアナタにはできないですよね? なんかLINEでも気を遣って必要最小限のトークしかできないという。


【スポンサードリンク】


LINE苦手

その必要最小限の大事なLINEメッセージすら、送信ボタン押す前にドキドキしてしまうという。

とういうより、トーク画面で間違って送信ボタンに触らないように緊張するという。

そして、スタンプとか小恥ずかしくて打てない、という。

 

そう、スタンプ送るもセンスを査定されているような気分になって怖いんですよね。

だからムリ。

スタンプムリ。

というかLINEムリ。

 

 

でもこういうスマホ系のコミュニケーション下手って克服しなくてもいいと思います。 変にLINEさばいて頑張っているとその分時間がもったいないですからね。

 

 

 

コメント