目薬が怖くて苦手

目薬

こ。こんにちは。内気な管理人です。

さてこれを書いている季節は、花粉真っ盛りです。粉っぽい。

今年はだいぶマシだな、なんておもっていたんですけど、、やっぱりダメでした、ここ数日天気がよくなってポカポカとしてきた矢先、いっきに目がやられました。

ワタシの場合は目が一番花粉にやられます。くしゃみ、鼻水は朝だけであとは徐々にましになってくるのですが、目だけはどうしようもありません。

我慢だ、ここで掻いてしまったらますます痒くなる、おおっと手が出そうになった、我慢、、、

!!! もうムリぃひょえぇぇぇ!!と我慢した反動で手が勝手に動きだし、猛烈にまぶたをかきむしってしまうのです。すると、やはり、その後はどんどん痒さの程度が増してきて、背筋がゾッとするくらいの勢いになります。さらに掻きむしって鏡を見れば目が真っ赤に充血することドラキュラのごとし。


【スポンサードリンク】


挙げ句の果てには目の痒みで夜中起きてそのまま痒さに悶えて眠れないといレベルになりますれば翌日病院直行です。

そして、花粉用の抗アレルギー目薬をもらうのですが、

ワタシは目薬が苦手なんです。こわいんです。

恐いのに逃げられない、ギロチン台に載せられ降り降りて来る刃を待ち受けるような恐怖。

私が何をしたというのだ

運命は残酷、そして無慈悲に

歴史を刻んでいく

蛇に睨まれた蛙は

いっさいを諦め

天におのが宿命を預ける

だがその時は

平等にやってくる

生の境遇は不公平であっても

死は平等に訪れる

蛙は覚悟を決めそっと

目を閉じた

また、目薬が滴るタイミングに合わせて目を閉じてしまった。頬を伝う一筋の目薬。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】