面接力診断やった

営業

こ、こんにちは管理人です、おどおど。

さて今回は、自らの強みを診断するべくネットをさまよっていたところ、面接力診断というのがありまして、受けてみました。→Workin 面接力診断

まぁそもそもワタシには強みがないことが長年生きていて十分分かっています。(決して卑下しているわけではなくて、若い頃は自信に満ち溢れて自分にはあれもできるこれもできると、表向きは可愛らしく振る舞いながらも尊大な時期がありました。 そして強み診断なんかを受けるたびに、いい結果が出れば「そうだよなオレ才能あるもんな」とうぬぼれ、悪い結果が出れば「いやこんなのはアテにならない」と高をくくっていたのであります。)

強みはない、けれどももしかして何か隠された秘めたる財宝がワタシの奥には眠っていて、アコヤ貝があの薄汚い外見とは裏腹にそのコアに宝石たる真珠を持つように、それが今まさに見つけられんとする時を待っているのではないかと淡い期待を寄せたくなる衝動に駆られることがあるのです。

というわけで、いいオッサンになっても長年人生という大きな砂漠の中をさまようワタシ、アダルトチルドレンですな。

という前置きはそれとして、結果どうだったか。

なんと、そこそこいい結果になったんですね。

↓↓↓

★コミュニケーション力
あなたは相手がどのように感じているかを正しく読み取る力があり、その場の雰囲気を察して、きちんと対応できる人です。面接だからといって、意識して自分を飾る必要はありませんよ。自信をもって臨んでくださいね。


【スポンサードリンク】


★自己アピール力
ひょっとしてあなたは自己主張をしない方が上手くいくと思っていませんか?面接は相互理解の場。面接者の質問に答えるだけの受け身ではなく、あなたから積極的に発言してみましょう。自信はあとからついてきますよ。

★理解力
あなたは理解力が高く、話している相手の立場で、じっくりと話を聞こうとする人。その半面、相手の顔色をうかがい過ぎる傾向があります。必要以上に面接者の反応や言葉のニュアンスに過敏になることはありませんよ。

★あなたが面接で陥りやすい癖はコレ!
いろいろ質問されたけど、「はい」と「いいえ」だけしか言えないまま終了。私、ちゃんと印象に残ったかな?

★あなたの面接力を高めるためのヒント!
あなたの長所をアピールするエピソードをあらかじめいくつか考えておけば、自信を持って面接に臨めますよ。

とのことでした。

やった!と喜びたいところですが、実際のワタシの面接成功歴でいうと、、結果的に、入りたいところに入れた率は50%を切ります。

応募条件は満たしていながら50%を切り、なおかつ年々と(まぁ当たり前ですが)面接合格率は落ちてゆき、いまやしがないサラリーマンです。

というわけですが、愚痴っても仕方ない、明日も仕事だ頑張ろう。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】