人に好かれ(認められ)ようとするがあまり、自分が本当は何がしたいか分からなくなる

住む世界が違う コミュ障の心理
この記事は約2分で読めます。
スポンサード リンク

こんにちは。コミュ障やっていますか?

さて、ワタシは生まれながらの八方美人であります。というかそういう育てられ方をしたのです。祖父母にも父母にも。人に迷惑をかけるな、だけではなく、誰にでも好かれるように振る舞いなさいという教育方針でしたので、いや、それもまた、ややもするとワガママな幼少期のワタシをコントロールするためのマインドコントロールの手段だったのかもしれません。

が、それでもワタシはだんだんとそれを聞かざるを得なくなるほどワガママをすれば脅され、否が応でも親のいう事を聞かざるを得ないというか、親や祖父母の顔色をうかがって生きるようになっていったのです。ちょうど思春期を迎える小学校高学年くらいの頃からです。

するとワタシは、もともと大して勉強も好きではなかったのですが、やはり「宿題しなさい勉強しなさい」という親たちの指示に逆らえず、気が付けば律儀にこなし、学業優秀な生徒になり進学校にすすむのでした。

でも、当然ながら本心は、学業が好きなわけでもなく野心があるわけでもない、ただ大人しく目上の人達の言う事を聞くことが人に気に入られ社会に受け入れられる手段であると認識していたので、ひたすら操り人形と化してワタシは自分の本心を隠し無理して生きていくのでした。そうしていくうちにいつしか、人の心がまるで見えない一本の糸でつながっているように、そう糸という字は図らずも意図という言葉と音が同じわけでございますが、何か相手を見ただけで何を考えているか読めてしまうようなほど感性が研ぎ澄まされてしまったのです。

スポンサード リンク

 

するとどうしょう。次第に形成された「人に気に入られる」という性癖と、「人の心が分かる」という感性によって、いつしか、「他人にカスタマイズされる自分」が出来上がってしまったのです。つまりは、人の顔色をうかがいながら行動し、いい人と呼ばれるために先を読み、行動する。他を利し、己を排する。

そうしていくうちに、だんだんと、自分が本当は何がしたいのか、何を好きなのか分からない、まるで自分を飼っている自分という感覚になり、一緒に過ごしているし一番知っている仲なのにその本心は知るすべがないペットのように掴みどころのない存在であると思い悩むのでした。そして知ろうとすればするほど、今日はこんなに仕事や学業でヘトヘトで眠りこけたいのに、その疲労感とは裏腹に神経は冷めた負の昂奮をなし、自らの体を苛むのでした。

気が付けば、自分は本当は何が好きで、何を求めているのか分からず、ただ海中をあてもなくさまようクラゲのように、この時空をフワフワと漂っているだけ、そう思うのでした。

 



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】
スポンサードリンク

コメント

  1. ゆか より:

    初めまして。私もおそらくINFP型なので、分かる!と思いながら記事を読ませていただきました。自分が怒ることで生じる人間関係のめんどくささを第一に考えてしまい、怒る前に辞めてしまいます。いざ、怒ってみても後から自己嫌悪で死にたくなるのでスカッとしたことはありません。ただ私の場合、親に言われた通りには生きてきましたが、不真面目でしたので勉強しているふりをしていました。ただ、悪い成績を見せて怒られるのは怖かったので「次は絶対頑張る」など思ってもいないことを言ったこともしょっちゅうでした。
    自分が何をしたいのかよく分からず、将来の目標なんてものもありませんのでなんとなく生きてます。そして他人のけんかを見るのもしんどいので、私が言ったことで両親が言い争う場面なんて耐えられません。友人と遊ぶ時も無理にテンションを上げて帰ってから死ぬほど疲れます。よく、友達と話してストレス解消、なんて言いますがとても無理です笑
    自分の本心をぶちまけてしまうとおそらく制御が効かなくなり、大変なことを言ってしまうような気がするので・・・
    すみません。とても長々と書いてしまいました。ただ、先輩に好かれ後輩に舐められる等、あまりにも私と同じだったのでコメントさせていただきました。

  2. さとみん より:

    はじめまして。
    『性格診断』で過敏症性格と診断されて、こちらのサイトを見つけました。
    自分と重なる部分が多すぎて驚いています。
    コミュ障と認めたくなくて、周りと同じ雰囲気になれるように思い込んでやってきましたが、やはり違和感と疲労感しかありませんでした。

    発達障害なども疑いましたし、様々な心理学を読んで自分を理解しようとしてきました。

    私はかなり幼い頃から、妄想して友達がたくさんいる自分や恋人と楽しく過ごす自分などリア充な自分を妄想して、現実逃避していたのですがそれも何か関係あるのでしょうか。

    妄想が行き過ぎて、現実との境界が曖昧になることがあり、身の危険に遭いそうになったこともありました。

    でも、現実ではそう甘くはなく、夢から覚めるとコミュ障で独りだということに耐えられませんでした。

    この世界をどのようなモチベーションで生きていけばいいのか常に悩んでいます。

    • HSP どもりーまん より:

      さとみんさん
      こんにちは、そうですね。時間と経験を重ねてもなかなか人間の本質は変わらないもので、この問題は根深いです。。

      でも、家庭を持たず一人で生きて行ける環境であれば、転々としていくうちにゴールにたどりつけると思います。
      私の場合は家庭持ちなので私が倒れる分けにはいかず、働かざるを得ないので苦しい中、日々に向かっていますが、独り身だったら無理なくやっていけるところに落ち着いてだろうなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました