飲み会の前夜は、手術前のような緊張感と気の重苦しさ

自閉症

こんにちは。安倍です。

飲み会の前夜、あなたは何を思い何を恐れるでしょうか。

人がズラッと着席していて、一斉にこちらを眺めるその眼差しは、洞窟に巣食うコウモリたちよりもおぞましく、地獄の釜に鉛を仕込み、薪に火を付け処刑する段取りをしている鬼たちの、冷徹でサディスティックなオーラを感じ、その恐怖がピークに達した瞬間に魔女により時間を止められたような恐怖なのではないでしょうか。

現実の感覚でいうと、手術前のような緊張感と気の重苦しさでしょうか。

飲み会の日取りが決まる、

どうやって言い訳して休むか考える、

でも毎回逃げるわけにはいかないから、ある時、出席せざるを得なくなる。まるで一匹のネズミが、檻の中で腹を空かせたライオンの大群に囲まれるような境地です。

そして、

日常で何をしていてもその飲み会のことが頭を駆け巡り、毒蛙が頭の中に巣食い、ヌチャヌチャと脳を食み、魔女が心臓のなかで体内の血液や骨肉をもとに秘薬を製造しているような、けさるさ、

それもいっそのこと一瞬で踏み潰してくれればいいものの、ギリギリ死なない範囲の圧力でギュッと搾っているような引っ掛かり。


【スポンサードリンク】


これはもう、対処のしようがありませんよね。

過ぎるのを待つしかありません。

海の底でひっそりと佇む貝、その存在すら無で、無が有るというような境地に達するのか、それともいっそ仮面をかぶり、宴席は舞台と考え演じきるか、です。

さぁ、決戦は明日、

でも、時間は必ず経ち、今を後にしていきます。

その苦しみは必ずや終わるのです。

ただ、

次もまたこういうことが人生には起こるのだろう、その絶望こそがあなたを疲弊させるのではないでしょうか。

そんなアナタには、悩み解決の古典、デールカーネギーの「道は開ける」をおすすめします。

1回読むとかなり気が楽になります。

でも1回だけだとまた忘れます。辞書のように常に手にとれる場所においておき目を通すのが効果的です。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人







【スポンサード リンク】