人に怒られた時の反応で(態度)で人見知りやコミュ障なのかどうか分かる

怒り

こ、こんにちは、コミュ障やっていますか?何をやっても治らない管理人でございます。というかコミュ障であり続けている毎日によってよりコミュ障としてのスキルが上がっているような感覚です、もちろん、それは人間として下がっているということなのでしょうけども。

はい、で、アナタはコミュ障でしょうか。

ここでいうコミュ障は、人見知りで引っ込み思案、内気なタイプを指すとして、これが手っ取り早く分かる反応があります。

それは、

人に怒られたり、叱られたり、注意された時の自分の気持ちがどう変化するか、です。

人から怒られるようなことがあったときに、カッとなるタイプ、つまり表に出す出さないは別として、湧き上がる怒りのような感情が沸き起こる方は、まずコミュ障タイプではありません。とくに、相手に言い返したい言葉が喉元まで出かかっていて、こらえるのに必死だった、でも我慢して平静を装って淡々と対応できるというタイプは、社会的スキル十分は立派な人物です。

もちろん、一番いいのは相手から怒られた時でも冷静に事実を整理して、感情を巻き込まず客観的に判断し、それに応じた対処を、相手に分かりやすい言葉と態度で応じれる人が一番ですが、まずもってそんなデキた人間はごくごく少数派で才能を要するものですから誰にでも真似はできません。

だから実質は、前述のとおり「腹が立つけど我慢して大人な対応をする」人が一般的なレベルで最高の社会的スキルでしょう。

で、一方、


【スポンサードリンク】


相手から怒られると、シュンとして悲しく塞ぎこんだり、怖くて暗い気持ちになったり萎縮したりしてしまうタイプ、簡単にいうとクヨクヨとしてしまう性格の人は、、、コミュ障です。 気が弱いのです。優しい性格だからとかそういうものではありません。 ※あと、これは飽くまで”怒られた時の反応”です。 自分が勝手に相手の欠点を見つけて怒りの感情が沸いてくるというのとは分けが違います。やはり、相手に攻撃的感情をぶつけられてどう反応するかがポイントなのです。

とにかくメンタルが弱く、オドオドとする性向の持ち主なので、人に気を遣いすぎてアタフタとなりろくに会話が成立しない、はたまた、普通の会話を少し交わすだけで差し迫ったような緊迫感を覚え、クタクタになるタイプなのです。 まさにワタシです。

ちなみに、これは鍛えられるものではありません。ある程度の年齢、最低でも小学校高学年頃にはこういう性格はできあがっており、それ以降はいくら怒られるような過酷な環境に身を置いても、たくましい性格にはなれないのです。

ワタシがそうで、中学校や高校でもキビシイ部活の指導がある中でも、ワタシの精神は鍛えられませんでした。顧問の先生に怒鳴られる度に萎縮して、練習すればするほど下手になるというような負のスパイラルに陥っていったことを覚えています。(←ムリヤリ入部させられた部活で辞めると言えなかった)

またその性癖は大人になった今でもそうで、やはり怒られると、戦慄を覚え萎縮して、すごくパフォーマンスが衰えるのです。

で、コミュ障です。

だから、そもそも人間と対峙して会話するということ自体がどこか相手を支配するような働きかけであり、それはすなわちアドレナリンの作用で、表面的には、攻撃された相手に対してキッチリと反撃をしかけるための準備反応である「怒り」の感情が起こるか起こらないかにかかっているといことなのでしょう。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】