大阪の人こそコミュニケーションに悩みやすい

ヤンキー

こ、こんにちは。人生に迷える管理人です。やべぇ、中年になるのに、気が付けば人生何もやっていねぇ、残せていねぇ、と悩みつつ最近はもうなるようにしかならねぇと開き直っています。グーグルで死にたいとか検索したら、こころの相談室の電話番号が出てきて、何か先回りされている感じがして少し反骨心を覚え、負けないぞと思いました。

さて、今回はワタシが運営しているコミュ障SNS、人見知り専用の集まりから一つネタとして取り上げたいと思います。

笑いに代表される会話術・対人術の本場の大阪の人こそコミュニケーションで悩みやすいという話です。

▽▽

はじめまして!大阪の大学に通っています。小さい頃に、「おまえは大阪人っぽくない」と友達に言われてから、大阪人らしさとは何かを考えています笑

MTBIを去年診断すると、infpで、今年診断するとisfpでした。

コミュニケーション能力は、7年前の高校1年生の時から伸ばそうと努力し続け、なんとかある程度の同世代とは、当たり障りのない会話は出来るようになりました。そして、深い人間関係も少しずつ作っていけるようになりました。しかし、まだまだ一部の声が大きいタイプの人や、愚痴が多い人と、他にも能力がある人とはなかなか人間関係を作れずに、そういった人がいるコミュニティは苦痛に感じてしまいます。

他のinfpやisfpの方がどのように、この社会とどのやうに向き合っているのかを知りたいです。
よろしくお願い致します。

△△

という内容です。

実はこれ、以前からワタシも気になっていた現象です。

なぜならば、このブログ(コミュニケーションに悩みを持つ人が集うであろうブログ)への訪問者は大阪府からが多いのです。人口比でいうとこれを書いている現在では大阪の1.5倍以上人がいる東京からのアクセスが多いものだと思うのです。大阪以外はだいたい各都道府県の人口比に応じてアクセスされているのに、なぜか大阪だけが統計的に見て異常値なんです。


【スポンサードリンク】


それは大阪のことをネタにして書いた記事があるからそれにアクセスが集中しているのでは?

と考える方もいるかもしれませんがさにあらず。ワタシは大阪関係の記事はこの記事以前に書いていません。

ということは自然な流れとして、コミュニケーションに悩む方が大阪府には多いということになります。

もっというと、ここでは二通り考えられます。

①大阪府外から大阪に来てカルチャーショック

これは分かりやすい例ですが、就学・就職などで外から大阪に来た時に、想像以上に大阪の人の強烈なテンションについていけず疎外感を覚えてしまうパターン。

これは分かりやすいですね。もう、慣れるしかないのでしょうけども、、それでも大人しい性格の人には、ハイテンションなトーンで接せられるとそれだけで圧倒され疲弊するものですから、ネットに答えを求めようとしてしまうのかもしれません。

➁大阪生まれなのに性格が関西人っぽくない

これは現実的にもっとも厄介なパターンかもしれません。先に紹介した方もこのパターンなのですが、生まれ持った性格がすでに関西人のハイテンションのイケイケモードではないという状態、これはまるで取り違えられた子どものような違和感があるのかもしれません。周りはみんな大阪人なのにどうして自分はそうじゃないんだろう、と。内向的な欧米人みたいなもので、生きづらいことと思います。

以上、

だからどうした、という話ですが、ワタシが言いたかったことは、大阪の方でコミュニケーションに悩んでいる方は実は多くて、あなただけではないから安心して時が過ぎるのを待つか、みんなこんなもんなんだと割り切るかして、心の平静を保ってくださいね、というメッセージを込めて記事にした次第です。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】