パワハラの基準とは、(頭を痛くない程度にモノで叩かれるのは?)

ブログ
この記事は約4分で読めます。
スポンサード リンク

こんにちは、どもりーまんです。前世でよっぽど人を虐げてきたのか今パワハラ?みたいなのに悩まされています。

座って仕事をしている時に後ろから暇つぶしにペットボトルで叩かれる(それほど痛くはない程度)

・耳をふいにゴムパッチンされる

とか、そういう子どもじみたプチ パワハラをワタシは今受けており、これがストレスになっています。しかも年下の先輩に。。あ、分かっていますよ、社会に出れば年齢は関係ない、そのコミュニティで先に入った方が偉いってことは。。(ただ、ワタシはいかなる時も年上の後輩は敬って立ててきましたし、ーまぁ人間がただでさえ怖いのでただ臆し委縮していただけかもしれませんがー やはり超えてはいけないラインを守りながら生きてきたので、それに反することをされるとㇺッとするというか、情けなくなり(言い返せない自分にも、またそういう低モラルな人間のいるところに属してしまった自身のふがいなさ、相手への反感など)、頭が真っ白になってやらなければならないことが手につかなくなります。 そしてミスや処理の遅さにつながり、、負のスパイラル、というわけです。

 

でもこれって、パワハラの基準にするとどうなのでしょう?

人というのは仲良くなる過程で、やはりある程度チャレンジしていきます。

ここまでは許されるかな??という図々しさみたいなものを小出しにして相手に近寄っていくと思います。じゃないといつまでたっても遠慮してちゃ、それ以上にはなりませんから。。(ワタシなんかはまさに遠慮の塊で、相手に対して一向に踏み込んでいかないものですから、逆にそれが不自然で、かえって会うたびに疎遠になるようなそんな雰囲気ですらあります。)

その過程の中で、これ以上は入ってくるな!という線引きをするものだと思いますが、ワタシの場合はその奥行きが深いというか、単純な話、嫌なことを嫌と言わず、相手に付け込まれているのだと思います。あ、もちろん、いうときはいいますよ、ただ、、それがあまりにも極限すぎて心身に取り返しのつかないダメージを負うレベルに来ないと言えないのです。逆にいえば極限状態と自分が思えるくらいにならないと自分の思いを吐露できないということでもあります。 そう、だからダラダラと飲み会も断れず、もう気持ち悪いのに二次会三次会にいき無理をして飲んで話してするんですねぇ、そして翌日いろいろ後悔、みたいな。

スポンサード リンク

そういった形で、はっきりと断らないものですから、ワタシは標的にされるのかもしれません、アイツに。

こっちは仕事に集中しているのに、ワタシの反応する様子を暇つぶしに楽しむかのごとく、後ろから頭を手ではたいたり、もっているペンやペットボトルなどでカーンとやっていく、しかし、パワハラにならない程度?か少し優しく少し激しくの中間、つまり中間の様子でそれをかましてくるのです。

だから、ワタシもつい許容してしてヘラヘラとリアクションしてしまう、

ちょっと音がなって痛そうな感じにも見えたかもしれないけど、大丈夫、これくらい平気、怒ってないからね、と、本当は心の奥では頭を叩かれたという屈辱に対してすごく憤慨しているのですがそれを覆い隠し、にっこり「うふふ」とリアクションを返してしまうのです。

情けない。せめて無視すればいいじゃないか。

でもそれができず、逆に無視することを悪いと思い、リアクションを返す、

そう、

そんなに痛くないから、、

と。

これはパワハラなのか!?

残念ながらその基準はまだ2019年の段階では見当たりません。グレーゾーンです。

もちろん、さんざんそれをやってくる人間が他にも色々暴言を吐いたり暴力をふるってきたりしたらそれはパワハラと言えるんでしょうけど、その頭を小突く程度のことではパワハラとはっきりとは認定できない、そんな印象です。

 

でも、

どうしてあんなに腹が立つのだろう、脇腹をはたかれるのと、頭をはたかれるのとでは圧倒的に後者の方が感情をいら立てせます。

多分、DNA的に頭には自身の司令塔たる器官の脳があるところだから、本能的に守る意識が働き、その防御反応の裏返しが攻撃感情として出力されるのだと思います。

にしても、、、

腹立つなぁ、あいつ苦しんで死なねぇかなぁ、、と願ってやまないこの根暗さに自己嫌悪になります。。

 



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました