携帯電話ショップのカウンターでのお姉さんとの会話が苦手

コミュ障のあるある

こ、こんにちは。 コミュ障やっていますか?
吃って焦って何を喋っているか分からないコミュ障の達人、安倍です。

夏も本番になってきまして、こういう季節は、
夏だ海だ海水浴だ、バーベキューだ! お祭りだ!花火だ! と世間は盛り上がってくる最中でリア充のシーズン到来というわけですが、コミュ障諸君にとっては何の関係もないただ気温が暑くて過ごしにくいだけの季節ですね。

さて本日お話するのは、
コミュ障の鬼門シリーズ 「携帯電話ショップ」でのやりとりですね。 

これは特に男子向けなのですが、
キレイなお姉さんたちが並ぶキレイなショップ、あの店自体にリア充臭のする眩しすぎる空間。 その、ただでさえ目がくらんでしまいそうなたたずまいに加え、キレイなお姉さんとやりとりしなくてはならないという地獄絵図。  

本来、キレイなお姉さん(*´Д`)ハアハアが普通のリアクションなのですが。

■そもそも男のコミュ障は女子が一番の苦手 

コミュ障は基本的にキレイな女子が苦手であることは言うまでもありません。  もちろんイケメンの自信満々なヤツも苦手ですが、 コミュ障のキレイな女子恐怖症率はハンパじゃないはずです。 一丁前に性の妄想はするのに、やはり話すとなるとドギマギしますよね?

そう、それでこそコミュ障なのです。
まぁコミュ障でなくともキレイな女子に対してはフツ面、ブサ面の方は自然と緊張するものではあると思うんですけどね。 これはコンプレックス由来でしょう。 やはりキレイな相手と釣り合わない自分であるがために尻込みしてしまうというものです。 

本来、何も恐れることはない女子にすら近寄りがたい、また立場が自分の方が上であっても気持ちの上で優位に立てず何を話していいのやら分からない、これがコミュ障のツラいところですね。 

■なぜ女子と話せないのか?

これは難しい問題ですが、 なぜ緊張するのかに置き換えてみると分かりやすいでしょう。 

人間が緊張する本質というのは、 
「失敗したくない時、うまくやろうとする時」ですね。

相手によく思われたい

もっと掘り下げると相手によく思われたい気持ち、相手を不快にさせたくない気持ちが原動力になっているのです。


【スポンサードリンク】


そして、少なからず日本人はコミュ障でなくとも緊張しやすい民族であるのです。 やはり和を以て貴しとなす民族性から来ているのですね。 
つまりどうしても相手に嫌われたくないDNAが強いのです。

その中でも特にコミュ障はその度合が激しい。
心の奥では本当はうまく喋って相手に好かれたい度合が大きいのですね。

モテたいし遊びたいやりたい。

本当はその願望がコミュ障ではない人に比べ強いエネルギーを持っているのだと思います。 そのため、それが裏目に出て 「失敗したくない、うまくやりたい」 という言わば力んだコミュニケーションにつながってしまうのです。 
当然ぎこちない会話になり続かなくなるという結果に。

相手に合わせようとする

この、相手に合わせるというスタンスはコミュニケーションにおいて重要なスタンスではあるのですが、コミュ障は心の奥の願望として相手を退屈させてはいけないと相手ばかりに気を遣いすぎます。 ましてやいつも楽しそうに充実している感じの人を見るとますますそう思ってしまうのですね。つまりはリア充・イケメン・美女といった人種に対してです。
こういったタイプに対し特にコミュ障はコミュニケーションがうまく取れない、・・・まず自分から話掛けることができませんし、また話しかけられても焦って的確な返答ができない。

これらはひとえに、相手にテンションを合わせようとしすぎてしまうからなんですね。 そうして疲れて敬遠するようになっていくわけです。

■携帯電話ショップのお姉さんと気持ちよく商談するには

本来こっちが客なのですから、何も遠慮することはないはずなのに緊張してしまう。 おすすめの機種が聞けない、契約の話をしている途中に疑問があっても聞けない、ハイ、ハイと言ってしまう、なんなら合計100万円になりますと言われてもハイ、と言ってしまうんじゃないかというぐらいにカウンターのお姉さんに呑まれてしまうこの悲しいサガよ。

大事なお金が絡む話なので、頭の中でぐるぐると余計なこと(例えば、今お姉さん俺のこと暗いキモイって思ってるんだろうなぁ)とか考えずに、しっかり会話をしましょう!笑

とはいってもそんな簡単にできませんよね。
一刻も早くその場を逃げたいのですから。

結局のところ、解決方法はあまりないのですが、 自信を持っていると幾分かラクです。

ではどうやって自信をつけるか?

携帯電話に対する知識を持つ

これは大事です。 相手に教えてもらっているような状況下、つまりただお店のカウンターで会話することでさえコンプレックスを感じ気後れしている状況になるのですから、それ以上マイナスになってはいけません。
事前に勉強しまくってカウンターのお姉さんを凌ぐ豊富な知識をもって臨みましょう。 知識は自信となるものです。

身だしなみを整えていく

できる限り身だしなみを整えていきましょう。コギレイにして口臭対策もバッチリやって臨むのです。これをやっているだけで会話中に余計な心配をしなくて済み、集中できるようになります。

以上、
なんのことはない話でしたが、 一歩外にでれば70億人の敵がいるコミュ障ですから努力は必然です。

 



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人



●ブログランキングに参加しています。ポチってね!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村
●発達障害グレーゾーン、他の方のブログも見れます。ポチってね!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
にほんブログ村
●HSPとは繊細すぎて生きづらい人、私もそうです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

【スポンサード リンク】




タイトルとURLをコピーしました