コミュ障はナントカ依存症にならないように生活をコントロールせよ

依存症 薬物

こ、こ、コケコッコ、こんにちは、コミュ障研究して頭がおかしくなりそうなワタシです。 

いきなりですが、心理カウンセラーになる資質として患者に同調しないということも一要素として大事だそうですが、なるほどよく分かります。 人間は周囲の環境に影響されやすい生き物ですから、毎日毎日コミュ障のことを考えていると頭が暗くなります。 つまり発狂した患者を相手にしている精神病科のお医者さんのメンタルってもはや宗教家のステージではないかと思います。もう何か目に見えないものを信仰していないとイカれてしまうと思います。 

さて本日は若干酔っておりますので乱文申し訳ございません。 

ちなみにですがコミュ障やっていますとアルコールにも頼りがちなので注意が必要です。余談ですが、コミュ障の方、くれぐれも酒と薬物への手出しはやめましょう。 個人的に違法な感じの薬物手を出したことはありませんが、やはりこういうようなお酒や薬物などの現実逃避系のアイテムだけはコミュ障が手を出すべきではないと思います。

もっとも身近なドラッグであるお酒に例えるといかに危ないかよく分かります。世の中お酒におぼれてどうしようもなくなってしまう方ってたくさんいます。 とにかくストレスを和らげる系のアイテムに頼ることはやめたほうがよいです。 例えばこれがランニング、フィットネス、とかそういう内部対策系ならまだマシですが、酒のような外部から摂取する系はまずやめておきましょう。 クセになります。 コミュ障はよくも悪くもドップリとハマる性質を持っているので、そこを意識しておきましょう。

そう、コミュ障はオタク気質に代表されるように執着がすごく何かに没頭できる性質を持っています。 これはプラスマイナスゼロの諸刃の剣なのです。  

もしあなたが快挙をあげる力を発揮する時、その陰にアナタの何かを犠牲にしている場合があります。 

 


【スポンサードリンク】


ちょっと表現がもつれましたが、

コミュ障のような内向的気質で何かに執着しやすい性格(コミュ障はオタクになりやすいですよね?)は、よくも悪くも何か一つのことに没頭しすぎる性向を持つということです。

それでもあなたが幸せならばそれでよいのですし、世の中を変えるパーソナリティこそがコミュ障の裏側の側面でもあるので決してそれを捨てるのが吉かといえば難しい問題ではあるのです。

 

偉大な思想家はみんな喪男(モテない男)だったといわれるゆえんが分かりますね。 リア充のような薄っぺらい人生を送っちゃいないからこそコミュ障なんです。

と、脱線しましたが、

これは後世に何かを残せる場合にこそ生きてくることです。

もしあなたが偉大なことを起こす気もなければそういう才能もないと感じているならばソッコー、コミュ障による天才的何かを追いかけるのはやめましょう。

この世に生まれた一番の目的は、

アナタが幸せになることなのですから。 

すみません、今回は酔っぱらっていてもうグダグダであります。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】