日中眠い、だるい。。それはコミュ障ゆえに睡眠がうまくとれていないからかもしれない

こ、こんにちわ。コミュ障やっていますか?
小学生相手にも人見知りしてしまいます、管理人です。

さてコミュ障にとってはとても生きていくのがツラい世の中で、その生活の過程でたくさんの ”コミュ障あるある” に直面しますが、 その中でも一番コミュ障にとってツラい”あるある”って何でしょうか。

まぁいろいろありますね。
苦手な相手とエレベーター(待ち)で一緒になる、たくさんの異性に囲まれる(特にコミュ障男性にとてはキャバクラなぞ地獄の極みでしょう、酒入っていてもソワソワ感、緊張感が止まりません) 、リア充の集まりに参加する、 などなどあげればキリがありません。

死ぬわけじゃないのに、 もう死にそうな圧迫感を持って普通の人にとって何のことがない出来事もコミュ障にとっては大きな負担なんですね。 だから睡眠時間も人より要し、日中も眠かったりするのはコミュ障と密接な関連がありそうです。

ストレスが睡眠の質を下げる

これはよく言われていることですが、人間はストレスを抱えているとやはり夜眠れないのですね。 嫌なことがあった、不安をかかえている、緊張している、など心の状態が平常でない時にグッスリと眠れないことは例えコミュ障でなくとも経験したことがあることでしょう。

ではなぜストレスを抱えていると眠れないかといいますと、
まずこれは睡眠の質を理解すると分かりやすくなります。

人間の睡眠には二つの睡眠タイプがあり、 それぞれレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)に分けられます。  これが一定のリズムで切り替わって「眠った」という心と体のメンテナンス行為が完成されるわけです。

しかし、
これは平常の場合での話で、 ストレスを抱えている場合はこういうわけにはいきません。 ストレスがあるとまず入眠時にその気になっていることが頭をグルグルと駆け巡りますよね。

ああ、明日は飲み会がある、、
人前で話さなくてはならないことがある、
また今日も変な受け答えをしてしまった、


【スポンサードリンク】


などなど失敗体験や不安、緊張要素などがあるとどうしても、目を閉じたあとそればかりに意識が向き安らかな気持ちになれず、寝付けなくなるわけですね。

さらに、
これらのストレスがあると夢にまで出てくるように、 つまりは寝ていても脳が起きているような状態(=レム睡眠)が多くなり、結果として深い眠り(ノンレム睡眠)に入りにくくなってしまうのです。

このレム睡眠がいけない、
というものではなくて、ノンレム睡眠とのバランスが崩れてしまうのがいけないのです。 普段のコミュ障生活において多大なストレスを受けていると、どうしても脳はその問題を解決するために情報の整理をしますが、これに必要なのがレム睡眠なんですね。

だから、ストレスを他人よりも受けやすいコミュ障は睡眠の質がよくない場合が多いのではないかと思うのですね。
私も睡眠時間は人より多くないと持たないタチです。

もちろん、自分のコミュ障特性と上手く付き合い、ストレスフリーな生活を送っている人は今回の話とは関係なく、快活な日々を送れるのでしょうけれども。

とはいいつつ、
この世の中、コミュ障はやっぱりダメージを受けやすいものでしょうから、ケアの方法を覚えておいた方がよいでしょう。

ストレスを緩和しゆっくり眠るには風呂に入る

やはり体の疲れをとりリラックスした状態になるにはお風呂に入ることです。
と、ここでいうお風呂に入るといのは湯船に浸かるということですね。 入浴剤バスクリンのホームページに以下のような記述がありましたので、参考までにどうぞ。

よい眠りのためには、体温の低下が必要。しかし、体温を下げる為にはどうすればよいのでしょう……?そう、そこで「入浴」の登場です。 入浴すると、血液循環が行われた結果体全体が温まり、体温が上昇します。そして入浴後は、血管がひらいている為に熱が放散されやすい身体になり、結果として体温が下がっていきます。つまり、入浴によって体温を上昇させることで、逆に体温を下げやすい身体になる、というこということ。赤ちゃんは、眠くなると手足が温かくなる、とよく言われますが、これも入眠に向けての体温の変化。身体の中(深部)の温度を下げる為、熱放散しているのですね。引用:https://www.bathclin.co.jp/happybath/bn/bathtime0912.htm

そういえば私も、お風呂に浸からず毎日シャワーで済ませていますが、慢性的に体の疲労感があります。 そして眠い。。

そうなると入浴の時間ってケチらず、ゆっくりリラックスタイムとしてしっかりとるのがいいかと思います。 ぜひコミュ障でシャワー入浴派のアナタ、お試しあれ。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】