コミュ障が吃らず(どもらず)上手く話せるようになるためのトレーニング

どもらず上手く話す話上手になる方法
この記事は約4分で読めます。
スポンサード リンク

こ、こんにちは、コミュ障研究家の安倍です。 ドもって吃って30歳半ば、でもなんとか生活できています。それにしてもなんで吃るという言葉は感じで変換されないのでしょうね。 ちなみにワタシが以前から気になっていたカツゼツ(滑舌)という言葉を話すときの流暢さを意味する言葉もつい最近まではきちんと漢字変換されなかったのです。 それだけコミュ障にまつわる文化の理解が遅いということでありますよコノヤローと。 でも最近はいい感じでコミュ障に対する理解も間じゃーなものとなってきましたね。 

さてワタシがドモるの原因は実は心当たりがあり、親が言うには、幼少期に病弱で病院に掛かりっきりで、当時は治療も苦痛なものが多く、その恐怖心からかドモリ癖がついたみたいです。 まぁでも兄妹見渡せば皆コミュ障テイスト醸しまくっているので、元を辿れば遺伝子の問題なんじゃないかと思いますがね。

 

コミュ障は話し上手になる努力を

どもらず上手く話す

さて、そんなこんなでコミュ障やっていますと話すことが億劫になり、つい「話し上手より聞き上手」的な本を読んだり、そういう論理展開に共鳴して、 「…ああ、喋れなくていいんだ。。」 という発想になりがちですが、やっぱりコレって逃げだと思うのです。 リア充が話し上手で、その結果として相手に喋らせる話術を持っている、 ←聞き上手というのはこういうのを指すのであって、土台としてはやっぱり話し上手であることが前提だと思います。 会話をリードしコーディネイトするそもそものコミュ力があるから、聞き上手になれるんだと思いますね。 

つまり、

話し上手な人が聞き上手になれることはある、よって聞き上手は話し上手である。(※聞き上手が話上手なわけではないという論理)

 この論理だと思います。 

 

だから、結局はうまく話せるようになる努力は怠ってはいけないのです。 でもコミュ障だからそんなのムリ、っていうか話す友達がいないのでトレーニングすらできないというオチなのです。

でも野球上達のためにバット素振りがあり、サッカー上達のためにリフティングがあるように、コミュニケーションにもまた一人でできる自主トレがあるのです。

 

それは、

TVです。

スポンサード リンク

 

アナウンサーの喋り方を真似して復唱する

まずは基本的な正しい日本語をゲットするためにニュース番組がおススメでしょう。 これをただ漫然と見るのではなく、アナウンサーが喋ったあとを復唱していくのです。 車を運転してラジオを聞きながらでも効果があるでしょう。 アナウンサーというのは、聞きやすく喋るプロです。 つまりあの声やテンポこそが完成された話す技術か思います。

TVを見ていると、実況中継でもニュース放送でも、アナウンサーが瞬時に言葉を選び取り発します。 それをマネするのです。

アナウンサーが、

「今日午前9時ごろ、東京都新宿区で、・・・」と話しますよね。 これを区切り区切りでアナタも声に出してマネするのです。 

始めは難しいですが、だんだんとできるようになってきます。 また同時にテンポも掴めるようになってくるのですね。 このテンポ、というのは話をする上ですごく重要で、どんな話を伝えるにしてもどこに間を置くかによって伝わる印書がガラッと変わるものなのです。

逆にこのテンポを制すれば、面白い話でなくても面白く効かせることができる、というか話が面白いか面白くないかって日常会話の中ではだいたいこのテンポのよさです。あとは話しの順序の組立て、独創的な感想が加わったらプロの域、という感じではないでしょうか。

でも本当、このテンポを掴むというのはコミュ障でなくとも難しい技術。

それを獲得するためにもアナウンサーのトーク真似の実践をお勧めします。

 

これがマスターできれば仕事にも生かせますしね。 

 

そして慣れてきたら一流のお笑い芸人のバラエティ番組を見ながら同じようにマネすれば雑談力が上がるかと思います。 ※いきなりお笑い芸人の真似はよくないです。 やはり正しく的確な日本語の使い手という意味ではアナウンサーの方が明らかに上だからです。 それを知った上で、崩しの技術を得るためにお笑い芸人のトークをマネするのがよいでしょう。 



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました