年々と(年を取るごとに)コミュ障になる理由

年をとる コミュ障の心理
この記事は約2分で読めます。
スポンサード リンク

こ、こんにちは。コミュ障研究家の安倍です。 今ワタシは30歳半ばですが、先日幼稚園から中学校までの幼馴染みと久しぶりに(酒を)飲みました。 なんでも近日中に結婚するからということで一緒に飲みに行くことになったのです。 おお!コミュ障の彼が!という感じでしたが、そこはコミュ障でも結婚できる理論で説明できること。彼もまたコミュ障タイプの人間で、自他ともに認める対人嫌いタイプです。 久しぶりに会い、改めてコミュ障タイプだなと思いました、、お互いに。

そう、でもコミュ障同士だと波長も合うのでそんなドギマギしなくてもいいというのはありますよね。

 

自分がコミュ障だと感じてしまう理由

コミュ障の人間っていうのはいつからか「あ、自分ってコミュ障なんだ」と気づく時期というものがあります。幼稚園や小学生、とにかく若年期はなんとなく周囲にも溶け込んでいる、というか漫然と時間がすぎていく感じで、そこまで思い悩むこともないのです。 しかし思春期を迎え、大人になっていく段階でだんだんと対人関係が苦手なのだと自覚するようになってくるのです。

そして、人を極端に避けるようになる。

自ずと周囲とコミュ力の差が生まれてくる。

というわけですね。

厳密にはコミュ力というか、人と一緒に何かをして楽しむ社会性において差が出てくるといったほうがよいでしょうか。

コミュ障でも必要なことは喋れるわけですからね(吃りながらでも)。

スポンサード リンク

 

コミュ障は年を取るごとに下がるわけではない

年をとる

そしていつしか周囲は経験を備えた人だらけになりコミュ障の自分とギャップを感じるようになってくるのです。

年をとるごとに自分がコミュ障になっていっていく、というよりも周囲がリア充というかコミュ力を上げていくのです。

 

冒頭でワタシが幼馴染との久しぶりの飲み会の話を出しましたが、この場合はワタシもその幼馴染と同じコミュ障だからレベルが合い、間が持つというわけです。

 

つまり、自分はコミュ障だなと傷つくことが多い人は、おそらくコミュ力の高いコミュニティにいるからなのです。 コミュ力が低くテンションがおとなしいコミュティにいればそこまで自分のコミュ障について悩むことはないと思うのですね。 ジメーーッとした空気管をまとっている人達の集まるところです。 落ち着きますよね。

ただ、この現世において、そういう夢のようなコミュニティを探し出すのが難しいのですが。。 でもあきらめずに探していきましょう。 そこさえ掘り当てることができればコミュ障でも幸せに生きていけるはずなのです。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました