コミュ障とか吃り以前に声を改善しようlet’sボイストレーニング!

こんにちは。 コミュ障してますか?

コミュ障、ということで人との距離をとってしまう方も多々いるかと思いますが、コミュ障を克服するための一つとして、まずは声の改善をおすすめしたいのですね。

まぁ、コミュ障に関しては 「直さなくてもいいから一人でいたい」 と思うくらいのものであり、そもそも治そうとする努力すらしたくない、そもそも克服しようとする目標が自分の中に出来上がる時点でそれはもうコミュ障ではないのではないかと、

そういう性質もありますが、
残念ながらこの世の中はニセ社交的人含め、圧倒的にコミュニケーション本位に成り立っており、やっぱりどんなに有能な頭脳をもっていようが、どんなに温かい心をもっていようが、しゃべれなければ負け、ろくな生活を送れないわけですね。

まぁ頭脳明晰であればそもそもコミュ障克服が成功するかしないかは本人次第でしょうけどね。 やっぱり頭がいい人は本来喋りも達者ですから。

と、
それはさておきコミュ障克服に関しては、


【スポンサードリンク】


・場数を踏む
・緊張しないメンタルを作る
・話す内容を整理する力を養う
・相手を洞察する(関心を持つ)
・ハキハキしゃべる

など
いろいろとやることがあるわけですが(もちろん、完全な病的パターンのコミュ障に関しては病院での指導が必須でしょうし)、 この中でも日頃思うことは、

ハキハキしゃべる、この重要性ですね。

やはり同じ内容のことをしゃべっても声量だとか滑舌だとか、それだけで印象がガラッと違ってくるのですね。

また、口数が多くても声がか細いとそれだけで大人しいイメージ、悪く言うと暗く見られることもあるわけです。 (まぁ人柄がよければそれでキャラが立って周囲から愛される人もたくさんいますけどね)

だけどだけど、
ただでさえコミュ障の方はそれだけでハンデを背負っているわけですから、この弱点をフォローする努力をしなくてはならないのです。

コミュニケーションに関しては、もう死ぬまで磨き続けなくてはなりません。 コミュニケーションスキルに比例して生活も豊かになるといいますしね。

ということで、
話し方、聞き方以前にまずは発声の仕方に問題がないか見直すこと。 話すためのボイストレーニングを地道に続けていきましょう。

ボイストレーニングのやり方は、インターネットで検索すればいくらでも出てきます。

参考に、youtubeで見つけた家でできるボイストレーニングの動画を貼っておきます。  講師に方、コミュ障からしてみると、まぶしすぎるオーラをまとっていますが、おそらくこれも発声の効果でしょう。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】