コミュ障になったのは育った環境、遊んでいない子供は将来。。

赤ちゃん コミュ障になる原因

こんにちは。コミュ障の安倍です。 あと一歩主張ができずに遠慮して結局苦行しているような毎日を送るワタシでございます。

で、今回の記事は最近こどもが新しく生まれたワタシにとても身につまされる記事です。

子を持つ予定の方はぜひ読んでいただきたいと思います、これ以上コミュ障の悩みを世に蔓延させないために。

家庭を築かずゴーイングマイウェイの方はスルーしてください。でも自分のコミュ障のルーツがこういうことにあったんだと気づかされるとは思いますので参考までに。

ママ注目!幼児期に遊び足りない子がつまずく「9歳の壁」とは|ウーリス
■ちゃんと遊んでいない子は“9歳の壁”を越えられない

同プロジェクトメンバーのお茶の水女子大学名誉教授・内田伸子先生は、調査結果について次のようにコメントしています。

<今回の調査からは、大学受験や資格試験などの難関を突破する力や夢を実現する力と、就学前の遊ばせ方には相関関係があることが示唆されました。子どもは、五感を使うことで脳が発達するため、ちゃんと遊んでいないような子どもは“9歳の壁”に突き当たりやすいのです。>
この“9歳の壁”というのは、勉強がわからなくなる子どもが9歳で増えることから呼ばれる言葉。ちょうど9歳の時期に、学習内容が具体的なものから抽象的なものへと変わり、目でみてわかるようなものから、文章問題や分数など思考力が求められるようになるため、勉強がわからなくなる子どもが増えるのです。


【スポンサードリンク】


この“9歳の壁”をうまく乗り越え、将来にわたって伸び続ける子どもに育てたいのであれば、未就学期には、ちゃんと遊ばせたほうがよさそうです。遊んでいなければ、それまで勉強のできる子だったとしても、9歳であっさりつまずく可能性があるのです。

■親の“遊ばせ方”が難関突破力にかかわる

調査結果を、内田伸子先生が長年にわたり研究してきた“子育てスタイル”によって分類すると、難関突破経験者の親の3人に2人が、子ども自身が考える余地を与えるような 援助的なサポートをする“共有型”であるとのこと。

また、逆に難関突破未経験者の半分以上が、大人目線で介入し子どもに指示を与えてしまう“強制型”の子育てスタイルであるということです。

このことから、内田先生は「遊びは量よりも質が大事で、特に親との関わり方が大切」としています。

そうか、
やはりではありますが、やっぱり子供に対しては遊んであげることが大事です。

逆に言うと、今コミュ障で悩んでいるアナタ、 

例えば、親の教育に何か問題があった可能性があります。

もちろん、故意であるとか過失とか、はたまた倫理的によい悪いではありません。

誰しも生まれた時の我が子はかわいい、でもその後が大変でおろそかになるものなのですから。 

しかし、コミュ障のあなた!
何かあるはずです。 もしよかったら家庭環境を当ブログまでコメントください。

ちなみに、ワタシの家庭は両親が離婚して、多感な時期を訳ありで過ごした家庭です。 これもコミュ障になったワタシを形づくった原因になるのでしょう。

コメント