なぜコミュ障になるの?根本の原因は「人からよく思われたい」願望

自閉症

こんにちは。コミュ障研究家の安倍です。

いやそれにしてもコミュ障は営業10年やっても治りませんね、コミュ力が上がってもコミュニケーションを楽しむ力は鍛えられません。 だから話せば話すほど上手くなっても疲弊することには変わりないのです、コミュニケーション障害と表現されるだけのことはあります。

コミュ障の根本的な心理的要因

さてそんなコミュ障ですが、なぜコミュ障になるのか考えたことがあるでしょうか。

コミュ障というのは、大きく二つに分かれて一つは脳機能障害(うつ病、自閉症、失語症、社会不安、統合失調症など)の本格的病気パターンと、もう一つは人見知り以上〜対人恐怖症未満というタイプです。 まぁ日本人には圧倒的に後者が多いことでしょう。 なんといってもグローバルに見れば総コミュ障な民族ですからね。

それにしてもなぜコミュ障になるのか、それは端的にいうと

人からよく思われたい

ということに尽きるでしょう。

まず日本人というのは周知の通り、和を以て貴しとなす民族集団であり、空気を読むことをすごく大事にする風潮があります。 個性よりも空気感なのです。 で、これって突き詰めていくとどういうことかというと、上述のとおりで、人によく思われたいという気持ちなのです。

人に施せ、とか、人に迷惑を掛けないように、というものとは違います。

(人見知りタイプの内気な)コミュ障になるタイプというのは、人からよく思われることでそれによる利益を得たいという駆け引きみたいなものが心の根本にあるのです。


【スポンサードリンク】


そんなことない、って思うかもしれませんが今一度自分の胸に問うてみるとそうだと気づくのではないかと思います。

周囲に合わせる調子では逆に人間関係は上手く築けない

そして、当然のことですが世の中そんなに甘くありません。 集団に迎合するように生きているだけで周囲からチヤホヤされるほどコミュニディというものはできない、むしろチヤホヤされるためには周囲をビビらせ怖がらせるだけの影響力が必要なのです。

でもコミュ障が信じている観念としてはやはりどこか周囲に媚びることで好意を獲得しようとするようなところがある、そしてそのために自分を殺して演技して人と付き合う、よって疲れて社会とのかかわり合いが面倒になり嫌になり引きこもるという流れです。

よく、幼少期に甘やかされると大人になってコミュ障になるとか言われますが、これは幼少期に大人から八方美人至上主義な教育を受け、その中で自ずと大人に甘やかされるためにイイ子を演じる癖がつき、それが大人になって上述の通り気を遣いすぎて人と仲良くなれないなんていう症状が形成されてしまったのかもしれません。

本来、人と人とが付き合っていくということは遠慮したり気を遣ったりする必要はないのです。 むしろ自分の意見を遠慮なく相手にぶつけることがある意味で相手を対等な人間として扱っている証拠であり、また相手も遠慮してこない人に対して気を遣う必要がないから逆に気を許す、そんなものなのです。

もし、

コミュ障でコミュ障でどうしようもない、いろんなコミュニケーションの勉強をして努力してきたけどちっともコミュ障治らない、という方はまず他人に気に入られようとしていないか今一度自分自身に問いかけてみることです。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人







【スポンサード リンク】