コミュ障とか人見知り・対人恐怖とかで学校辞めたい ←辞めるな!人生オワるぞ!!

学校辞めたい

こ、こんにちは。コミュ障研究家の安倍です。 いつ自分がこの世からいなくなっても誰も困らないコミュ障ライフ送っていますか?

コミュ障、これはもう本当字面のとおり、障害ですよね。 自覚している人にとっては。

はい、そんなコミュ障の一番の社会生活の中でのハンデは何か?

それは、

集団生活を強いられる組織というものになじめずボッチということです。

人間というものは本能として、睡眠・食欲・性欲などの基本欲求が満たされると次の段階の欲求として社会に承認されたい願望とか組織に属したいといった願望が芽生えてくる生き物なんですね (詳しくはマズローの欲求5段階説で検索)。

日本というのは現代においては、だいたいの人が基本的な睡眠・食事・性欲は最低限満たされる環境にあります。 つまり大部分の人がより高次の欲求である社会的な欲求を求め飢えている状態だといえます。 これは簡単に満たされるものではありませんからね。

だから周囲から孤立した状態というのはとてもツラいものなのです。そしてコミュ障はそうではない人達が簡単にできるコミュニケーションというものがとても難しくまた出来たとしてもとてもハードな作業であることから、集団生活になじめず、ツラい思いをします。

特に、学校生活ですね。

学校というのはほぼ強制的に入れられるもの。 小中高まではまず自分の意思とは無関係に行かなくちゃいけませんし、その後の進路も何か大人社会のプレッシャーによってほぼ強制的な選択に迫られるのです。

そして、

そんな状態で選択を迫られるものですから、コミュ障にとってはなおのことツラい。


【スポンサードリンク】


小中高までは惰性で耐えることができても、大学や専門学校では変に自由が与えられるだけに、コミュ障で集団生活になじめないツラさから

辞める、中退する

という選択肢をとってしまうことが往々にしてあります。

でも全力でいいましょう。

もし今あなたがコミュ障で学校いくのがツラくて死にそうでも(イジメられているとか特殊な場合を除き)、辞めるべきではありません。

学校辞めたい

なぜか?

今から15年前、専門学校を半年で中退したワタシが、その後苦労した人生を送っているからです。 やはり仕事が選べなくなる、これこそが究極のハンデになるのです。

進学すればするほど社会に出てからの選択肢が増えることは言うまでもありません。

だからこそ逆にコミュ障こそ、進学してたくさんの進路の可能性を作らなくてはならないのです。

逆にリア充でどこにいってもコミュ力で渡っていけるのような人物こそ学校辞めてもいいのです。 どこでも生きていけるのですから。

だから、今コミュ障で悩んでいる若者たちよ、学校は絶対辞めてはいけない、中退の肩書がつくとそれだけでハンデになりますますコミュ障では乗り越えるのが大変なイバラの道となってしまう。

コミュ障で悩むのは後からでもできる、今は学校やめずに卒業することに専念することです。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】