プレゼン中に、しどろもどろ

営業

こ、こんにちは。あ、アヒョー! こんにちはコミュ障管理人です。

でもこんなワタシでも仕事は営業職、ルート営業なので、お宅訪問してピンポンしてこの壺買いませんか〜?というものではありませんが、まぁ、、実はルート営業ほど固定化された人間関係の中でやりとりするので、それがかえって苦痛というのはあります、売り上げ以前に変に顔見知りになってしまうというのが。

と、そんなこんなで、そもそもはコミュ障克服のために選んだ仕事でしたがそれもどうやら芽が出ないことが分かってもう数年、今やダラダラと会社に居座り気が付けば10年を超えたオッサンになってしまいました。 得意でもない仕事を一生懸命、これは大変です。でもやらねば飢え死ぬので毎日、ギリギリの世界で息絶え絶え、頑張っております。まぁこうやってブログも書けるくらいですから、まだマシなのでしょう。

ってなわけですが、

やっぱりルート営業をやっていますと時としてプレゼンの場があったりするのです。お客先でプロジェクターつないでスクリーンに資料を投影してレーザーポインタとか使いながら喋るアレですね。

で、ワタシ、当然ながらこれが苦手で、これをやると決まれば顔面蒼白、現実逃避、決まったその日から、まだまだ実施日まで時間があるのにも関わらず気分が鬱っぽくなるタチでしで、毎日そのことばかりを考えて頭の中をグルグルと思い悩ませ消耗して死にそうになるのです。が、そうは言っても何もしなければお得意先でトンデモナイことになるのは目に見えているので頑張るのです。

で、そうやっているとだんだんとそれなりに形にはなってくるものなのですね。

で、毎日、資料づくりに励んだり読み込んだり、練習したりとかなり頑張るのです。でもいざ当日になると、噛んだり、途中でしどろもどろになったりして、


【スポンサードリンク】


「あ、やばい、なんだ、この空白の時間は、あ、意識が遠のきそうだ・・・」

と自分がまるで違う体に乗り込んだ魂のように別な感じになりフワフワとしてしまうのです。

物理的には、喋っているときに、言葉が出て来なくなったり詰まったり噛んだりと、あれ脳梗塞か俺は?と思えるような症状、そしてひどくなると口の中が渇いてきて、上唇と下唇が喋るたびにくっついて口がもつれて滑舌が悪くなってしまうという症状です。

対処法

プレゼン中しどろもどろ

これは簡単で、ひたすら練習するしかありません。やはり練習量ありきです。すくなくとも、発表時間の20倍は練習しなくてはなりません、話し下手の場合は。10分の発表だったら、それこそ3時間以上、ひたすらその発表資料を見ながら声に出して自分の耳で捉えながらグダグダでもいいから最後までやり通すのです。

すると、緊張していても自動的に言葉が滑らかに出てくるようになるのです。

それでも、何回やってもつまずく箇所というのがプレゼンにはありますが、それはズバリ、その資料が悪いのです。喋りやすいように改善する必要があるのです。 そうやって資料と喋りと調和させていくと、どんなに緊張していようともどもらず噛まずでやれるようになるのです。

でも、ワタシは最近年のせいか、舌の回転がよくなく、何回練習してもなんか噛んでしまうのでどうしたものかと悩み中です。まぁこれはこれでやはり資料の構成なり練習回数が足らないのでしょう。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】