酒に頼らずにはいられない

二日酔い 営業の仕事
この記事は約2分で読めます。
スポンサード リンク

酒に頼られずにはいられない、管理人どもりーまんです。金曜の夜は晩酌で潰れるまで飲んだくれて、土曜日の朝は頭ががんがんと疼いて、吐き気をともなっております、飲みすぎ。

でも、酒に頼らずにはいられないんですよ、一週間の疲れをリセットする私の術は酒をカッとあおって、14時間くらいダラダラ寝るのが一番のストレス解消です。 寝る。寝れば、なんとか人間は壊れないもので、残業時間が過労死ラインと言われていてもなんとかなるものです。

意外と人間はタフにできています。

でも、泥のように眠りますけどね。金曜の自分はもう戦場から飢餓状態かつ満身創痍の状態でヘロヘロになって帰ってくる戦士のようですが、もう疲れが、もう泥的にあり、体が動かない、重い状態になってます。

そんな中、少しでもその疲れをごまかそうと、酒は辞められず、365日、休肝日もなく飲み続けているのです、いや裏を返せば、飲み続けているからこそ、澱のように疲れがたまってどうしようもないのかもしれまん。

スポンサード リンク

でも、吐きそうになるまで、飲み続けてしまいます。もはやアル中、アルコール中毒だよ自分は、、なんて日頃冗談めいて発言しているものの、いや、もうすでにアルコール依存じゃないかと思えるくらいのレベルにまで来ているという自覚があります。

だから、逆に言えば、朝は7時半に出勤して夜は21時、休憩時間15分なんて毎日のようにやっている自分も、

あっ!!いっけねぇ!!!! 大事な仕事思い出した、今思い出したッ!!

これを書きながら、休日たる今日明日に仕上げなければならない、大事な仕事を思い出しました、月曜提出ーーーッ!!

重てぇな、たまにはゆっくり土日を休ませてくれ、あ、でも土日が公休として設定されているだけでも、ブラックだなんて文句いっちゃいけませんね。恵まれている方だと思っています。

迫りくる罵声も、すべては自分の能力のなさからくるもの。

そうやって考えると、いっさいの苦悩はやはり自分が生み出しているものなわけですが、

それでも、努力してもどうにもできないのですから、

やはり酒に頼らずにはいられないのは確かであり、これはきっと死ぬまでそうなのでしょうな。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人

当記事をブックマークサービスのポケットやSNSでフォローして応援お願いしますm(_ _)m

【関連記事】
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました