成人向け映像作品の審査業務の仕事が募集しているぞ!日本コンテンツ審査センターの。

タレント知らない

こ、ここ、ごくり、こんにちは。コミュ障管理人です。今回は、コミュ障におすすめ?なのかどうか分かりませんが、どきどきする求人を見つけましたので紹介します。

なんとあの、大人のビデオをしっかりと観覧して、安全な形で世に送り出すために審査するという仕事です。

この仕事は、いくらAIが発達しようともなくならないのではないでしょうか。やはり表現多様な世界ですから、人が見てどう感じるか? ただ見えてはいけないところが露出しているからNGという単純な話ではありません。機械的に判断するのではなくて社会通念上どうなのかという観点から検証しなくてはならないでしょうから、これは生身の人間にしかなせない技でしょう。

で、最近キャッチした情報ではこんな求人がネットに出ていました。

サイト:マイナビ転職より

▽▽

あなたの公正な目が
健全な社会を創ります

ここがポイント!

男性も女性も活躍中!未経験でも安心のサポート体制
完全週休2日制(土日・祝日)
キャリアアップの道も拓けています!
正社員登用実績あり

募集要項

■募集の背景
当法人は、成人向け作品が社会倫理に反していないかどうかを審査するために設立された非営利型の自主規制団体です。

メディアの多様化と、それに伴う作品数の増加、さらに社会環境の変化に伴う価値観の多様化もともなって、 当法人が担う役割は、今後ますます大きくなることが予想されます。

そこで映像を審査する映像審査員を中心に、当法人の業務を幅広く担っていただける新しい力を拡充することになりました。
■仕事内容
アダルトコンテンツを中心とする、成人向けコンテンツの映像審査をお任せ。

【具体的な業務】
成人向け映像作品を1日あたり360分を目安に審査します。

【基本的な審査の流れ】
1つの作品に対して2名の審査員が別々に審査を行い、それぞれの審査員が出した結果をもとに最終判断をする審査員が映像を確認しながら審査結果を出します。

【審査基準について】
審査する内容は、映像の修正ミス、タイトル、出演者、シチュエーション、使用される小道具にいたるまで、作品を構成している全ての要素が対象となります。
それに加えて、法律や社会倫理に反してしないかなど作品を様々な点から総合的に判断します。
未経験の方でも、安心して仕事を始められます!
入社後は、先輩や上司によるマンツーマンでの指導を実施。
1ヶ月程度は密なフォローを手がけます。もちろん分からないことがあれば、気軽に周囲を頼ってください。独り立ちするには相応の期間が必要ですので、一歩ずつの成長を心がけてくだされば大丈夫です。


【スポンサードリンク】


求める人材
【学歴不問・未経験歓迎】※今回の募集では社会常識があり、しっかりと仕事に打ち込む気持ちがある方に、ご入社頂きたいと考えてます。
★やる気や積極的に学ぶ姿勢など、人間力を重視した採用を行っています!

◇学歴不問

【歓迎する人物像】
◎一般的な視点で作品を捉えられる、一般常識をお持ちの方
◎自己をしっかりと管理でき、集中力を持って業務に取り組める方
◎細かい部分にまで、よく気が付く方
◎周りの人に配慮したコミュニケーションが取れる方
◎新しいことに挑戦したい方
◎業務に優先順位を付けて効率よく処理できる方
勤務時間
10:00~18:00(実働7時間)
給与
時給1600円~

★月収例
月収22万4000円/時給1600円×実働7h×週20日
※上記は月収額の一例であり、この月収額を補償するものではありません。
諸手当
交通費全額支給
休日・休暇
完全週休2日制(土日祝日)
年末年始
有給休暇
慶弔休暇
福利厚生
社会保険完備

未経験でも安心の環境
こうした仕事を経験した人はいないと思いますので、自分にできるだろうかという不安を持たれる方も多いでしょう。ただ、すぐの独り立ちができる仕事ではないということを、何よりも上司が理解してくれています。そのため成長はあたたかく見守ってくれますので、まずは間違いのない審査を徹底することに努めてくだされば大丈夫です。

△△

こんなの、ネット求人であるんですね。はじめてお目にかかりました。

はじめは時給制なのですが、正社員登用もあるようですし、福利厚生を見るには悪くはなさそうです。それにしても、一日6時間もそういうビデオを見て審査する中で、どうやってメンバー間で優劣をつけるのか気になります。そんなに見極めに差が出るものなのでしょうか。 が、この辺りはやはり門外漢のワタシから見てそう見えるだけで実際はきっと奥深いんでしょうね。どんな芸当も外から見る分にはできて当たり前に見えるものですから。

ただ、それ以前に6時間もそういうビデオを見続けるというのは、ある意味過酷かもしれませんね。よほどプロ意識がないと、ただ悶々として、でも仕事中ですから当然割り切らねばならない、多分これは悟りを開いてしまいそうです。

でも、何よりワタシが着目したのは、人とはあまり接さなくてよさそうだという所です。

ただ黙々とこういう作品と向き合うことができるのはいわば特別な才能が必要だと思いますし、これには内向的な人が向いていると思うのです。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】