親族親戚を笑わせられる人は、社交的で明るい性格

リア充無口

こんにちは。安倍でございます。コミュ障やっていますか?

さてアナタのコミュ障チェックポイントとして、いや逆に社交家性のチェックとして、

親戚などの親族の前で、自然な振る舞いで伸び伸びとしていられるか?ということがあげられます。

親戚や親族、これは幼い頃は大して気にしていなくても、思春期を迎えそれを超えてくるとだんだんと気まずくなってくるものです。

昔はあんなに遊んでもらった親戚のあのお兄ちゃんもあのお姉ちゃんも、いつしか、会社や街角であったあの人達よりもずっと気まずい関係になるものなのです。

お兄ちゃん、お姉ちゃんに限らず、自分のオジサン、オバサンなどでもそうです。だんだんと気まずくなっていき、久しぶりに会ってもなんか気まずい、そんな関係になってくる、

・・・、


【スポンサードリンク】


もしこれが当てはまるならば、それはあなたがコミュ障な人格なのです。 またはその親戚もまたコミュ障なのでしょう。

というかコミュ障は単なる遺伝を超えて家系をも支配するものですから、だいたい親戚は似た者同士になり、自分がコミュ障の場合は親族もほぼほぼそういうテイストなものだとは思いますが。

で、たまにいますよね。

親族間でも、いやむしろ、家族や親戚が集まるような間柄でリラックスして伸び伸びして明るく振る舞うヤツ。ああいうのはだいたい根はリア充です。 ワタシの親族にはいませんが、ワタシの嫁はリア充族ですが、これがまた、明るくゲラゲラと親族の間では振る舞うやつが多いのです。 で、リア充。

それにへとへとになり、親族付き合いに疲れているワタシには誰も目をくれず、時間は流れていくのです。

いや、それでいいんです。でも、あ、

いや、いいです。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】