点呼、緊張して苦手

点呼

こ、こんにちは。INFPな管理人です。

さて今日は、点呼で緊張する、あの、普通の人からすればまるで理解されない、どんだけ神経細いんだ、ナノファイバーかというように思われかねないのですが、私のような過敏な人間にとっては一大事なことなのです。

名前、それは美しい響き。人は自分の名前を呼ばれることで相手に親しみを抱き、また自らの存在を改めてしっかりと確かめることができます。

しかし、それが時に凶器と化すことがあるのです。魔王が下す弱者への凌辱の決断、淡々と職務を執行する処刑人の冷徹な裁き。

「はい、安藤さーん」「はい」

「笠井さーん」「はい」

・・・、あ、あと前三人しかいないぞ、ど、どうする

「斉藤さーん」「はあい」

「田中さーん」「はい!」

ドクんドクん、あ、あと一人

「夏木さーん」「はい」


【スポンサードリンク】


時を操る神になりたい。今、時間を止める時が来た。私の采配でこの世の時間を止めて見せよう!大地を惨禍に誘う嵐も、平和を謳歌する小鳥のさえずりも一瞬にして止めてくれよう。この世には喜びも苦しみもない ―すべては無に帰するのだ!ふはははは!!

「安倍さーん」

・・・、(ふぁ、は、何っ!?おかしいぞ、今、時を止めたはずなのに時間が動いているぞ、、、ま、まさか、時間が止まっているのは私のほう、、に、人間どもめぇぇぇ!!)

「もっと大きな声で、もう一回」

「ひゃい」

声が裏返る。または痰がのどにからんだような濁った声になり、周囲の微妙な反応、さらに気まずい。もう、今日は1日分の仕事をした、どうか解放してくださいと星に願うのでした。

■これは加齢とともに克服できる

でも大丈夫です。これって若いうちだけで、そのうち気にするほどでもなくなるようになってきます。ワタシは今でもちょっと気恥ずかしげな感じで返事はするものの、それほど「ギャー」という感じでもなくなりました。思春期の頃の自意識過剰がもたらす現象にすぎません。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】