店員になめられやすい、なめられる

バカに

こ、こんにちは、コミュ障やっていますか。さてこのブログをご覧になっているアナタは、心優しい性格ですよね?

この優しい性格。
とにかく初めて会う人にも、表向きの態度こそ恥ずかしいので冷たくあしらうような態度をとってしまうものの、その心の中では、友好的な心持ちでいます。
その優しい心持ちというのは、目下の人間に対しても及ぶものです。

裏を返せば、気が弱くて人に嫌われたくないというのがその源泉なんですけれども、結果的に表層意識としては、相手に恵んであげたい、そうやってあげていたいという友好的な感情であります。

そして心の奥底で、そういう自分が誇らしいといいますか、いつかは人望という信頼になって反ってくる、そう信じているのですが、まあ大体の場合はそれは幻想で、周囲は下らないやつばかりで、やっただけ損、でもいつかは報われると信じて、よき人間を演じている、そういう節がワタシにはあります。

で、具体的にいえば、これ、社会的にみて立場が上である、客の立場として、例えばこちらが客として入ったお店でも店員さんにナメられるのです。

先日、居酒屋さんに入ったときのことです。バイキング方式でお酒は店員さんにカウンターごしに注いでもらう方式でした。

ワタシは生ビールのおかわりにそのビールのカウンターにいくと、その店員さんは淡々と私からのオーダーを受けると、ビールを丁寧に注いでくれていました。


【スポンサードリンク】


そして、そのビールが注ぎ終わるころ、一匹の小ハエがそのビールの泡の中に飛びこんできました。その店員は、「あっ」と小声でささやくと、こちらをチラッと見て、どうやらワタシが見ていないふりをしてニコニコとしていると(とは言っても雰囲気的にあえて見ていないふりをした態度は先方にわかるようにしたつもりです)、

少し考えて、再びビールを注ぎ足してそのコバエを、隠すように泡でおおって隠したのです。

なんという。何度も言いますが、私が見ていないふりをしたものの、明らかに見られた認識は、あの店員さんにはあるはずなのです。

でも、多分、

「あ。でも、いいか、この客、怒らなそうだし、いっちゃえいっちゃえ、ワロス」

そういう感じだったのでしょう。ちなみに私は潔癖気味なのでそういうのはすごく気になるたちです。

反論はせず、それを黙って受けとり、テーブルに戻るとあとは飲みませんでした。
日本人はよく中国人とかその他海外の仕事をバカにする(低品質)ことがありますが、
やはり、それはただ、海外の人が気が大きくて(だから人をナメやすい傾向にある)からそうするだけで、

日本人もまた、ナメてかかれる相手に対しては、こういう低品質な仕事をするものであり、そういった点では、はっきいって人間は本質的に同じだなと思いました。

・・・、でもこういう、悪いことはきちんと指摘できる人間にならないといけません、と自己嫌悪です。



アナタは私と似てる?>>管理人はこんな人






【スポンサード リンク】


コメント

  1. ちん より:

    あなたは悪くないです。まず、それは言いたい。
    けど、人間てそういう生き物で、相手と自分を比較して、態度を変える傾向があるかもしれないです。
    人間なんてただのエテ公と言えばそれまでなんですが、そういうものと割りきって
    行動するほうが嫌な思いをしないかもですね。
    端的にいうと、舐められないように振る舞うということです。優しく思わせないことも一つでしょうし、虚勢を張るのもアリかもしれません。

    しかし、下らないですよね、やっぱり。
    無理してそんなことして、ほんとに楽しいでしょうか。。
    そう思う私は社会に馴染めないんでしょうね。いきるのは辛いもんです。少し人と接しようとすると嫌な思いをする、こともある。
    気持ちよく生きられるためには、
    人との関わりは避けられないので、
    無理せず自分を偽りすぎない程度に
    相手のことを意識した振る舞いをできるようになりたいものです。

    • 管理人 より:

      ちんさん
      コメントありがとうございます。そうですよね、人間社会つらすぎですよね。同じ趣味趣向を持った人間が集まるコミュニティでさえ、いろんな軋轢が生じて、、この世は人間地獄です。
      毎日何かに我慢して、将来を憂い、でもその原因はだいたい人間関係のことばかりだなぁと自分で内省しています。